タグ:Apo-Sonnar T* 135mm ( 50 ) タグの人気記事

北アメリカ星雲からサドル付近

今回の新月期は天候が安定せず、昨夜しか遠征のチャンスがありませんでした。

そこで平日ではありましたが、星仲間と安倍奥で合流し、暫し撮影を楽しみました。

そして天の川がまるでちぎれ雲のように見える、素晴らしい夜空に名残惜しさを感じながら、私たちは家路に向かいました。

星見隊の皆さん、お疲れ様でした^^

e0344621_22254363.jpg


May 15, 2018 810A Apo-Sonnar T* 135mm F23.2 ISO 1600 Capture NX-D で現像後ステライメージ7にてコンポジット(4min x 8枚)&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)





にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2018-05-15 16:59 | 星雲星団 | Comments(10)

アンタレス付近から青い馬まで

天文ファンの間ではカラフルタウンとして知られている、アンタレス付近です。

画面に色を添える役回りとしての、複雑な暗黒星雲と分子雲もまた、見逃せない存在です。

e0344621_07383487.jpg



Apr,22, 2018 810A Apo-Sonnar T* 135mm F24 ISO 1600 Capture NX-D で現像後ステライメージ7にてコンポジット(4min x 8枚)&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)



にほんブログ村

[PR]

by dr_piano | 2018-04-28 07:42 | Comments(8)

へびつかい座ζ星付近の散光星雲(Sh2-27)

先週後半は絶好の晴天が続き、月没後の数時間を快適な星見で楽しめました。

そして天の川が上ってくる間に撮影したのが、へびつかい座ζ星付近に位置する巨大な散光星雲(Sh2-27)です。

今回は下端が少し欠けてしまうフレーミングの手違いはありましたが、画角的には135mmでちょうど上手く収まる対象だと思います。

星雲の東を縦に走る暗黒星雲、さらに周囲に存在する分子雲の存在も興味深いです☆

e0344621_09090136.jpg

Apr.20, 2018 810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→3.2 ISO 1600 CaptureNX-Dで現像後 ステライメージ7にてコンポジット(4min×8枚)&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)





にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2018-04-25 10:26 | 星雲星団 | Comments(8)

サソリのしっぽ付近

星仲間との新観測地での観測に、私の勘違いで合流出来なかったのが二日前。

ただその後も晴天が続いていたので、昨夜は所用の後、天の川を撮りたい一心で(笑)いつもの安倍奥まで出掛けてみました。

到着直後のややモヤっぽい大気と薄明までの時間が短いのが心配でしたが、次第に透明度が上がり、1時間程満足の星見が出来ました♪

画像はサソリのしっぽ付近ですが、出目金、彼岸花を始め散光星雲、散開星団、暗黒星雲のオンパレードです☆

そして何よりも、この数え切れない程の星の集団には、いつも圧倒させられます!

e0344621_09262059.jpg

Apr. 22, 2018 810A Apo-SonnarT* 135mm F2→4 ISO 1600 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にてコンポジット(2min×8枚)&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)





にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2018-04-22 09:44 | 星雲星団 | Comments(10)

やはり難物だった、おうし座の超新星残骸 Sh2-240

以前から気になっていた、おうし座の超新星残骸Sh2-240

ぎょしゃ座とおうし座の境界線当たりに存在する大きな超新星残骸ですが、非常に淡いため撮影するのはとても難しい対象です。

それでも、天体写真の名手達によって撮影された幻想的なフィラメント構造に憧れ、私も昨秋に数回撮影を試みました。

そして、その中でも一番まともな画像がこれです↓

e0344621_22525641.jpg


画面中央で微光星群の中に埋もれていますが、かろうじて輪郭だけは写りました。
ただ、星雲の東側には盛大なムラ(カブリ?)もありますし、そもそもこの淡い対象に40分で挑むところが、まずは大きな間違いでした^^

そしてまた来期への課題の一つとさせて頂きます。

Nov. 19, 2017 810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメージ74min×10枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 川根本町)



にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2018-03-02 23:15 | 星雲星団 | Comments(8)

ほ座超新星残骸に再度トライしてみましたが・・・。

この連休はいつもの星仲間の皆さんとの、今年二度目の遠征でした!

ところが皆の待つスポットに遅れて合流した私の車が、いきなりのパンクです!

私一人だったら途方に暮れそうな山奥の林道でのハプニングにも、皆さん撮影を中断して冷静に対処して頂き、無事にスペアタイヤに交換出来た時には、本当に嬉しかったです。

ありがとうございました!!

その後気を取り直して、当初からの予定通り「ほ座超新星残骸」にレンズを向けてみました。
慣れないタイヤ交換の間にすでに南中を越えた星域には、静岡市の光を反射する薄雲がかかっているようでした。

まずは現像+コンポジットを含むルーチン処理後の原画像です


e0344621_22245131.jpg


う~ん・・見事なまでに、どこにも星雲らしきものが見えません。

でも昨日はディーラーでのタイヤ修理の後なにも予定がなかったので、気合いを入れて炙りだしたところ

e0344621_20483296.jpg

やっぱり淡いのですが、何となく星雲が確認出来ました。

静岡市の光はやむを得ないとしても、もっと低空まで透明度の良いコンディションなら、もう少しマシな画像が得られると信じて、また次の機会に臨みたいと思います。


ところで今回はちょっとした波乱ずくめに始まった遠征でしたが、心強い仲間の存在が嬉しかったです。

そしてそんな我らに天の神様から、粋なプレゼントがありました。

冬型が強まりますと、ここ静岡までも雪雲が流れてくるのですが、その襲来の直前にオメ

ガ星団がバッチリ見えたのです。

その見事な姿を皆でカメラに納め、充実感に満ちて家路に着くことが出来ました^^

Feb. 122018 810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ71min×12枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区平野)



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村↑ブログランキングに参加中です。クリック宜しくお願いします!



[PR]

by dr_piano | 2018-02-13 06:56 | 星雲星団 | Comments(10)

ほ座超新星残骸

昨年11月に試し撮りした、憧れのガム星雲の北東部(Gum15~17)にあたる部分ですが、このうちGum16 は、ほ座超新星残骸(Vela supernova remnant)として知られています。
この観測地点ではあいにく手前の立木に隠れていますが、それでもレムナントの東~北側が確認出来ます(↙の部分)。
南方の開けた場所で、今シーズンもう一度チャンスがあればと思っています☆

e0344621_8151068.jpg

(Nov. 19、2017 810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→3.2 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7に1min×4枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 川根本町)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2018-02-04 08:15 | 星雲星団 | Comments(8)

皆既月食

GPV予報では絶望的だった昨夜の皆既月食でしたが、奇跡的に部分食~皆既までの前半を見ることが出来ました!

まずは部分食です↓

e0344621_104048.jpg

そして皆既直後のショットですが、帯状に青く見えるのが昨今話題になっている「ターコイズフリンジ」だと思います↓

e0344621_1043185.jpg

(Jan. 31、2018 E-M1 Mark II PROMINAR 500mm F5.6 FL ISO800 部分食→1/400 sec、皆既食→2sec露出 OLYMPUS Viewer 3にて現像後 ステライメージ7にて編集 トリミングあり スカイメモRで自動追尾)

こちらは、皆既中の月と、かに座プレセペ星団(M44)とのツーショットになります↓

e0344621_1045385.jpg

(Jan. 31、2018 810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600 8sec露出 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて編集 トリミングあり スカイメモRで自動追尾 静岡市葵区の自宅庭)




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2018-02-01 10:19 | | Comments(12)

1/18のパンスターズ彗星(C/2016 R2)

昨夜もパンスターズ彗星(C/2016 R2)を追いかけてのプチ遠征です。
現在ヒアデス星団の北西をプレアデス星団方向に移動中ですが、だいぶ西に傾き高度が低くなってきました。
そのため光害等の色ムラで尾がハッキリしないのが残念ですが、依然として彗星の青い輝きは健在です☆

e0344621_18273618.jpg

e0344621_1836648.jpg

(Jan. 18、2017 810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7に2min×16枚コンポジット&編集 トリミングあり スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区俵沢)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2018-01-19 18:36 | 彗星 | Comments(8)

やはりM42西部の星雲群は美しかったです!

昨夜は今秋で最高の星空になりました☆
そこでいつものように、星見仲間の皆さんと藁科川上流のスポットに遠征したわけですが、私は都合で夜半からの参加でしたので、すでに西に傾き始めたアンドロメダ等の秋のメジャーな対象は最初からスルーしました。
そのかわり先日の光害下の試し撮りでも青い反射星雲が確認出来た、M42西部の淡い散光星雲に狙いを定めての撮影開始です。
まずはアポゾナーでの全体像からですが、さすがに透明度の良い観測地ですといつもの河川敷とは比べものにならないくらい、いろいろハッキリ写っています(Apo-Sonnar T* 135mm F2→3.2 4min×5枚)↓
e0344621_22324250.jpg

まずはリゲルの周囲~下方(南)に延びるバーナードループの末端部。
そしてエリダヌス座β星のCurusaの南には、お馴染みの魔女が顔立ちクッキリで浮かび上がります。
さらに北東にはオリオン座の反射星雲NGC1788と南に繋がる赤い散光星雲等々・・。
これらも単独でじっくり撮りたいところですが、今夜の目的はオリオンのη星とτ星の間に広がる星雲群なので、ここで300mmレンズにバトンタッチです(AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 4min X23枚)↓
e0344621_22333240.jpg

画面下の横になったV字のSh2-278を始め、その上方に広がる青~紫の星雲が実に美しいですね。
すぐ東隣にあるM42があまりにも有名で見栄えがするので、この星域はあまり注目されませんが、私個人的には赤と青が絶妙にブレンドしているこの星雲群の美しさは、あのアンタレス付近のそれに匹敵するものと確信しています。
ところで相手が超薄い星雲のため、当初の目標は最低2時間露出としてスタートしましたが、90分を過ぎた辺りから、星像が微妙に流れ出したので、やむなく終了となりました。
原因は不明ですが、画像処理中に見直してみますと並進移動が大きいので、オートガイドのないこのシステムの限界かもしれません。
これは今後の課題にしたいと思います。
(共通データ:Nov. 19, 2017 810A ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にてコンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 川根本町)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-11-19 22:36 | 星雲星団 | Comments(12)