タグ:AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED ( 96 ) タグの人気記事

北アメリカ星雲付近


春先に安倍奥で撮影した、北アメリカ星雲付近です。

天文薄明直前でしかも高度が低い条件の撮影でしたが、思った以上の写りにビックリ!

現在メインに使用しているAF-SNIKKOR 300mm f/4E PF EDは、F4.5に絞っても画面四辺では星が割れてしまうのが残念ですが、画面中央の切れ味はとても鋭いです。

そしてスカイメモに搭載出来るフットワークの軽さも気に入っています。

e0344621_22192225.jpg

Apr. 202018 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて4min×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)



にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2018-07-05 22:23 | 星雲星団 | Comments(8)

青い馬星雲(IC4592

前回のアンタレス付近に続き、こちらも天文ファンに人気の「青い馬星雲(IC4592)」です。
薄明が迫っていたので露出時間が十分ではありませんが、それでも反射星雲と分子雲の微妙な色合いとグラデーションが印象的です。

e0344621_10052192.jpg

Apr. 202018 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて4min×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 静岡市葵区梅ヶ島)





にほんブログ村


[PR]

by dr_piano | 2018-05-31 10:16 | 星雲星団 | Comments(10)

アンタレス付近の星雲群

天文ファンの憧れである、アンタレス付近の色彩豊かな星雲群。

今回は300mmレンズでの撮影です。

フラット&輝星の処理等々課題は残りますが、とりあえず今期の第一弾としてUPします!

e0344621_08051122.jpg

Apr. 222018 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4EPF ED F4→4.5 ISO1600  CaptureNX-Dで現像後 ステライメージ7にて4min×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 静岡市葵区梅ヶ島)






にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2018-05-27 08:08 | 星雲星団 | Comments(8)

木星状星雲(NGC 3242)

星図でふと目にした「Ghost of Jupiter(木星の幽霊?)」という、ちょっと怖いけど興味深い英名。

調べてみますと木星状星雲(NGC 3242)と呼ばれる「うみへび座」の惑星状星雲で、ウィリアム・ハーシェルの発見とあります。

さらにウィリアム・ヘンリー・スミスという天文学者によって、「大きさといい、色といい、見え方といい、木星そっくりだ」と紹介されているので、空の条件の良かった年末に撮ってみました。

ちなみにその位置はうみへび座μ星の約2度南で、手動でも簡単に導入出来ました。

そしてその結果ですが・・。

やはり多くの惑星状星雲がそうであるように、とにかく小さいです(画面中央)↓


e0344621_19091840.jpg


拡大してみても青緑色に光る恒星のようでして、残念ながら惑星のようには写りませんでした

e0344621_10274478.jpg

Dec. 302017 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて3min×7枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド静岡市葵区梅ヶ島)




にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2018-03-12 11:31 | 星雲星団 | Comments(8)

オメガ星団(NGC 5139)

先日の遠征で写した、オメガ星団NGC 5139です。

e0344621_07522531.jpg


この夜は雪雲が飛来するやや透明度の悪い条件でしたが、それでもさすが全天一の球状星団だけに、迫力のある姿を見せてくれました☆

Feb. 122018 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4EPF ED F4→4.5 ISO1600  CaptureNX-Dで現像後 ステライメージ7にて1min×9枚コンポジット&編集 トリミングあり スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区平野)



にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2018-02-28 07:57 | 星雲星団 | Comments(10)

かみのけ座のMel. 111とUGC7321

春の系外銀河巡りの第二弾は、300mmレンズで画角いっぱいに収まる、かみのけ座のMel. 111です↓


e0344621_11131512.jpg



まずはこの散開星団ですが、藤井旭氏の全天星雲星団ガイドブックによりますと、かみのけ座781213141617182122番星をメンバーとした、30個からなる星団と紹介されています↓


e0344621_11133362.jpg

ところで「人」の字を連想する際の肝心のγ星が、実はこの星団とは関係がないと言うのが意外でした!

これって、ヒアデス星団とアルデバランとの関係と同じですね☆

さて銀河北極のある「かみのけ座」付近は、星間物質の量が最も少ない方向(いわゆる銀河の覗き窓)です。

この写野でも画面上方にNGC45594448が確認出来ますが、写真原板をパソコンのモニター上で等倍にまで拡大してみますと、暗いながらも銀河がたくさん見えてきます。

そして卓上で銀河クルーズを楽しんでおりましたら、画面下端の□で囲んだフィールドに、面白い銀河を見つけました↓


e0344621_11134789.jpg

UGC7321
という光度11等で距離3000万光年の銀河ですが、その形が超薄々です。

英語の文献では、並外れた「超薄型」スパイラル銀河(The Extraordinary `Superthin' Spiral Galaxy)と紹介されていて、(詳しい内容は分かりませんが)力学的にも星形成的にも、未発達の銀河なのだそうです。

Jan. 212018 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4EPF ED F4→4.5 ISO1600  CaptureNX-Dで現像後 ステライメージ7にて4min×5枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村↑ブログランキングに参加中です。クリック宜しくお願いします!


[PR]

by dr_piano | 2018-02-25 11:18 | 星雲星団 | Comments(8)

おとめ座のNGC5364他による小銀河群

賑やかな冬の星座が西に沈むと、春の系外銀河巡りの季節となります。

今回はうみへび座とうしかい座の境界近く、おとめ座τ星の北北西約4度のところに位置する、NGC5364他による小銀河群です↓


e0344621_22125852.jpg

なお、それぞれのNGCナンバーは、下記のようになります

e0344621_22130827.jpg



画面中央やや左で南北に並んだ2つの銀河のうち、上(北)のNGC5363は渦巻構造を持たない楕円銀河で光度は10.2等、一方下(南)のNGC5364は淡いながらも細い腕がきれいに巻いている渦巻銀河で、光度は10.4等です。

そして周辺に散らばる光度14等の小型の銀河たちとともに、6600万光年の彼方で小規模な銀河群を形成しています。
Feb. 122018 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4EPF ED F4→4.5 ISO1600  CaptureNX-Dで現像後 ステライメージ7にて4min×4枚コンポジット&編集 トリミングあり スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区平野)



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村↑ブログランキングに参加中です。クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2018-02-22 13:40 | 星雲星団 | Comments(6)

M81&82 

昨夜は今年初めての星見メンバーとの遠征でした。
あいにく雲の通過する天候でしたが、それでも大気の安定した1時間程、撮影を楽しめました。
対象は春の系外銀河巡りではお馴染みのM81&82ですが、短時間の露出でもM81の腕がキレイに写っているのには驚きです。
いつもの河川敷に比べて往復に1時間以上余計に時間はかかりますが、それでも暗い空で撮影するメリットが多いことを、再認識しました。

e0344621_17245237.jpg

(Jan. 21、2017 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて4min×6枚コンポジット&編集 トリミングあり スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2018-01-21 13:36 | 星雲星団 | Comments(12)

今年の初撮りはパンスターズ彗星(C/2016 R2)で

体調が完全回復したので、昨夜はいつもの河川敷までプチ遠征してみました。
対象は年末から気になっていた、パンスターズ彗星(C/2016 R2)です。
暗いものの立派な尾があるという天文ブロガー諸氏の情報をもとに期待しておりましたが、すでに西に傾いた対象が静岡市の光害の影響を受け、条件はかなり厳しかったです↓

e0344621_20524688.jpg

それでも反転しますと、コマから画面上方に不規則なイオンテイルがあるような気もしますが・・↓
e0344621_205114100.jpg

うう~ん!
やっぱりこれは画像ムラなのかもしれませんね。
出来ましたら今週末に、空の暗い安倍奥で再トライしたいと思います!
(Jan. 15、2017 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→5 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて3min×12枚(彗星核にて)コンポジット&編集 トリミングあり スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区俵沢)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2018-01-16 21:12 | 彗星 | Comments(6)

NGC3184

先週末は今年最初の完璧な空の条件でしたが、ちょっと体調を崩してしまい、残念ながら遠征が出来ませんでした。
気になる彗星の追跡は後日の課題としまして、今回は昨年末に撮った系外銀河(NGC3184)をUPします。
まずは近隣に位置する、おおぐま座の後ろ足の美しい二つの星(λとμ)とともにフレーミングしてみました↓

e0344621_0225410.jpg


さらに拡大しますと典型的なフェイスオン銀河が確認出来ますが、細部まで観察するのは300mでは明らかに力不足ですね↓

e0344621_0231875.jpg

(Dec. 30、2017 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→5 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて4min×4枚コンポジット&編集 トリミングあり スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2018-01-15 00:24 | 星雲星団 | Comments(8)