へびつかい座ζ星付近の散光星雲(Sh2-27)

先週後半は絶好の晴天が続き、月没後の数時間を快適な星見で楽しめました。

そして天の川が上ってくる間に撮影したのが、へびつかい座ζ星付近に位置する巨大な散光星雲(Sh2-27)です。

今回は下端が少し欠けてしまうフレーミングの手違いはありましたが、画角的には135mmでちょうど上手く収まる対象だと思います。

星雲の東を縦に走る暗黒星雲、さらに周囲に存在する分子雲の存在も興味深いです☆

e0344621_09090136.jpg

Apr.20, 2018 810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→3.2 ISO 1600 CaptureNX-Dで現像後 ステライメージ7にてコンポジット(4min×8枚)&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)





にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2018-04-25 10:26 | 星雲星団 | Comments(8)

Commented by 夕焼け熊五郎 at 2018-04-25 11:57 x
Toshiさんこんにちは
へびつかい座ζ星付近に位置する巨大な散光星雲(Sh2-27)
綺麗な星雲ですね、暗黒帯もはっきりと凄いと思います。
これからは赤いの沢山撮れますね、遠征が楽しみです。
Commented by dr_piano at 2018-04-25 18:36
☆夕焼け熊五郎さん、こんばんは!
早速のコメント、有り難うございます。
エンゼルフィッシュ星雲同様、広角~標準レンズ等では比較的簡単に写るのに、中望遠にすると何故か一気に難易度の高くなる星雲の一つですよね。
暗黒帯に加えて赤色の複雑な濃淡も魅力の星雲ですが、何せ近くに天の川がありますので、どうしてもそちらに目が移ってしまい、いまだに長時間露出が出来ていません。
今年こそ、南中時の天体に集中出来るような撮影計画を立てていきたいと思います☆
それでは次回の新月期も、好天を期待しましょう♪
Commented by Angelheart at 2018-04-25 21:47 x
へびつかい座だけに、暗黒星雲は蛇がにょろにょろ這っているみたいです (o^―^o)
散光星雲のちょっと不気味(?)な明かりと
暗黒星雲や分子雲の色合いが実に絶妙な味わいを醸し出していますよね。
Commented by alpaprisma at 2018-04-26 00:43
この星雲って一見つかみ所が無い感じですが、こうしてみると結構濃淡があって綺麗ですね〜
Commented by dr_piano at 2018-04-26 08:51
☆Angelheartさん、おはようございます!
ご指摘のように、この暗黒星雲との色の対比が良い感じなのです^^
ところでこの暗黒星雲と散光星雲はセットで観察されることが多いのですが、これは恒星を孕んだ暗黒星雲の一部が、恒星からの紫外線で赤く輝き始めるからなのだそうです☆
すなわち星誕生の現場を見ているわけですね!
そして星の生活史という観点からも、興味深い対象だと思うのです。
Commented by dr_piano at 2018-04-26 09:00
☆alpaprismaさん、おはようございます!
この絶妙な色合いと拡がりが興味深く、昨年から何度かトライしています!
次回は構図に気をつけて、さらには天の川のスター達に目移りしないよう、じっくり子午線越えの長時間露光を目指したいと思います^^
Commented by 星船 at 2018-04-26 21:54 x
こんばんは。
この星雲ですが、かなり淡くて写すのが難しいと思いますが、すごく濃く、細部の構造や暗黒星雲までばっちり写っていて素晴らしいです! Apo-Sonnarもさすがシャープです。
次は一時間超えでさらに微細構造までお願いします。
Commented by dr_piano at 2018-04-27 00:27
☆星船さん、こんばんは!
暗黒星雲の存在がちょうど、ケフェウスのIC1396を彷彿とさせる魅力的な散光星雲だと思います☆
次回の遠征では、ここにするかそれとも南中時刻を同じとするさそり座ζ付近にするか、悩むところです!
そしていずれにせよ、新スポットの空を早く体験してみたいので、宜しくお願い致します♪