サソリのしっぽ付近

星仲間との新観測地での観測に、私の勘違いで合流出来なかったのが二日前。

ただその後も晴天が続いていたので、昨夜は所用の後、天の川を撮りたい一心で(笑)いつもの安倍奥まで出掛けてみました。

到着直後のややモヤっぽい大気と薄明までの時間が短いのが心配でしたが、次第に透明度が上がり、1時間程満足の星見が出来ました♪

画像はサソリのしっぽ付近ですが、出目金、彼岸花を始め散光星雲、散開星団、暗黒星雲のオンパレードです☆

そして何よりも、この数え切れない程の星の集団には、いつも圧倒させられます!

e0344621_09262059.jpg

Apr. 22, 2018 810A Apo-SonnarT* 135mm F2→4 ISO 1600 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にてコンポジット(2min×8枚)&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)





にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2018-04-22 09:44 | 星雲星団 | Comments(10)

Commented by 夕焼け熊五郎 at 2018-04-22 10:48 x
Toshiさんこんにちは
行かれましたかこれだけお天気良ければ我慢出来ませんね。
さそりの尻尾近辺、いい感じですね、定番の出目金と彼岸花
綺麗に収まってますね、私も狙いましたが、まだ開いてません、天の川を先に処理してる所です。ぐるぐるシリーズもありもう今年いっぱいのネタ出来ました。(笑)
Commented by dr_piano at 2018-04-22 11:57
☆夕焼け熊五郎さん、こんにちは!
早速のコメント、有難うございます。
この時期にしては珍しく三日快晴が続きましたので、三晩とも連続遠征(うち一日は仲間に会えずドライブのみ!)で、ここ2ヶ月分のストレスを発散してきました☆
特に今朝は休日なので、薄明まで現地に留まることが出来、徐々に良くなる透明度のもと、天の川にまるで浮き雲のような立体感を感じたのが印象的でした。
さてこれで私もそこそこネタがたまったので、ひとまず安心です♪
それでは熊五郎さんのサソリ&グルグルに期待していますね^^
Commented by SRV at 2018-04-22 12:54 x
Toshiさん、こんにちは。
この時期はどうしても天の川とそこに埋もれている星雲・星団を写したくなりますね。それにしても一網打尽でお腹いっぱいです^^更に、次回狙っていた出目金・彼岸花を捉えて先に越されました(笑)
なお、新観測地は更にこの下の構図もokですよ……!!
Commented by Angelheart at 2018-04-22 13:07 x
鯛はお頭つきが「おめでたい」ように、
サソリはしっぽ付近が「外せないポイント」というわけですね^^
サソリは砂漠の生き物だから、
きっと星屑が砂の代わりをしてくれているのでしょう。
今夜さそりがしっぽを少し動かしてくれたら、
流れ星が少し多くなるかもしれませんね^^
Commented by dr_piano at 2018-04-22 13:27
☆SRVさん、こんにちは!
これからの時期は観測時間が短いのがネックですよね。
本当は散光星雲を300mmで狙いたかったのですが、薄明までの時間に余裕がなく、最後は135mmを付けっぱなしで数だけ稼ぎました(笑)。
それと・・この下がO.K.と言うことは・・。
ケンタウルスやガム星雲等も楽勝なのですね♪
あ~早く行ってみたいです^^
Commented by dr_piano at 2018-04-22 16:39
☆Angelheartさん、こんにちは!
サソリ座では頭部に「アンタレス付近」というカラフルな星域がありますが、それに匹敵するほど、こちらの「尻尾」も美しい星雲星団が目白押しなのです☆
次回の新月期では、展望の良い新スポットから、それらを望遠レンズで捉えていきたいと思います♪
あっ!それと流星と言えば、明日未明がこと座群の極大になります。
月明かりがなく条件は最良ですが、雲がちょっと心配です。
Commented by 星船 at 2018-04-22 21:14 x
Toshiさんこんばんは。
さそり座のしっぽから胴体にかけて、一番低いところですが、光害の影響を感じさせない素晴らしい写りです。次はぜひ新しい観測地で。
この下はもう「さいだん座」ですね。新しい世界が広がりそうです。
Commented by dr_piano at 2018-04-23 08:16
☆星船さん、おはようございます!
安倍奥ではこのサソリの胴体下部が山際ギリギリになりますが、薄明前の良透明度のもと、思った以上に写りました!
この結果から新スポットならかなり状態の良い画像が得られそうで、今から楽しみです^^
>この下はもう「さいだん座」ですね。
名前しか知りませんでしたが、星図で確認しますと・・。
あっ!ここだったのですね。
地球に最も近い球状星団(NGC6397・6等級)があるので、一度チャレンジしてみたいです♪
Commented by alpaprisma at 2018-04-25 00:37
アポゾナー相変わらず凄いですね〜、ぜひともシグマの135ミリと対決してもらいたいです!
Commented by dr_piano at 2018-04-25 08:53
☆alpaprismaさん、おはようございます!
昨年はシグマの85mmで青い馬と一緒に撮ったのですが、今回は露出が半分にもかかわらず、同等以上の描写になりました☆
やはり天体写真は暗い空+長時間露光が原則ですね!
ところでシグマ135mmも素晴らしいレンズなので、解像力はほぼ互角だと思います。
あとはイメージサークルや収差等の比較になりますが、いずれにしても一昔前までのレンズとは一線を画した性能であることには、違いありません。
そしてこのような時代に天体写真に復帰出来て、良かったです^^