やはり難物だった、おうし座の超新星残骸 Sh2-240

以前から気になっていた、おうし座の超新星残骸Sh2-240

ぎょしゃ座とおうし座の境界線当たりに存在する大きな超新星残骸ですが、非常に淡いため撮影するのはとても難しい対象です。

それでも、天体写真の名手達によって撮影された幻想的なフィラメント構造に憧れ、私も昨秋に数回撮影を試みました。

そして、その中でも一番まともな画像がこれです↓

e0344621_22525641.jpg


画面中央で微光星群の中に埋もれていますが、かろうじて輪郭だけは写りました。
ただ、星雲の東側には盛大なムラ(カブリ?)もありますし、そもそもこの淡い対象に40分で挑むところが、まずは大きな間違いでした^^

そしてまた来期への課題の一つとさせて頂きます。

Nov. 19, 2017 810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメージ74min×10枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 川根本町)



にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2018-03-02 23:15 | 星雲星団 | Comments(8)

Commented by 夕焼け熊五郎 at 2018-03-03 06:57 x
Toshiさんおはようございます。
やりましたねレムナント結構難敵でしょ、私も処理していて嫌になりました、矢張りこの対象私の仲間から言わせると3~4時間位じっくり撮った方が良いよと、そんなには待てない
私には時間が勿体無い。(笑)
Commented by dr_piano at 2018-03-03 08:26
☆夕焼け熊五郎さん、おはようございます!
昨年11月の撮影からもお察しのように、何度か途中で処理を辞めようかと思った位、淡いです^^
そしてお仲間のアドバイス、ごもっともです。
天体写真には長時間露光が必須なのは分かっていても、ついつい色々な対象に目が移ってしまいます。
来期は集中力と根気を鍛え直して、チャレンジしてみたいと思います^^
Commented by Angelheart at 2018-03-03 22:58 x
淡いとはいえ、きれいに輪郭が出ましたね ☆彡
なんとなく (右下方向に向かって)優雅に泳いでいるような、「エンゼルフィッシュ」のようにも見えます
Commented by 星船 at 2018-03-03 23:02 x
こんばんは。
この星雲、難しいですよね。チャレンジしても存在がわかるくらいでフィラメントがわかるくらいにはなかなかなりません。最低でも3~4時間の露出が必要でしょうか。
私も今度こそはと思いつつ、1時間も経過すると次を狙いたくなります。と、言いながらも、来年こそは頑張りましょう!
Commented by alpaprisma at 2018-03-04 01:40
微??光星がド派手で隠れてしまいますね〜、より望遠で撮ってみたらいかがでしょう?
Commented by dr_piano at 2018-03-04 07:24
☆Angelheartさん、おはようございます!
確かに、二匹目のエンジェルフィッシュですね^^
どうにか写ることは確認出来ましたので、来期はしっかりした架台での、長時間露光にチャレンジしてみます♪
Commented by dr_piano at 2018-03-04 07:29
☆星船さん、おはようございます!
そうなのです☆
スター揃いの冬の天の川を目の前にして、この対象のみに一夜を使う決心が、毎回着かないのです^^
やはり赤道儀2台体制で、1台をレムナント専用としなくては・・。
整備を急ぎたいと思います♪
Commented by dr_piano at 2018-03-04 07:32
☆alpaprismaさん、おはようございます!
実は300mmでも狙ったのですが、ガイドが流れてしまい、上手くいきませんでした。
大型赤道儀+プロミナーのシステムを調整して、今後は臨みたいと思います!