再処理による分子雲と二つの彗星

前回のカリフォルニア星雲とプレアデス星団のショットでは後者が完全に飽和してしまい、納得がいきませんでした。
そこで気を取り直して控えめの処理を辛抱強く続けていましたら、どうにか理想に近い背景とプレアデスの青を維持出来ました☆↓

e0344621_22242215.jpg

またこの画像には二つの彗星が写っておりまして、その一つはカリフォルニア星雲の左に見える、エメラルドグリーンを呈したアサシン彗星(C/2017 01)です↑

そしてもう一つは、プレアデスの右斜め下のパンスターズ彗星(C/2015 ER61)です↓

e0344621_22251677.jpg

暗いながらも立派な尾が伸びているのが、彗星ファンにはたまらないですね!
アドバイス頂いた星船さん、ありがとうございます!
(Oct. 1, 2017 D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→3.5 Capture NX-Dで現像 ステライメージ7にて4min×16枚コンポジット後 ダーク&フラット処理 デジタル現像 カブリ、レベル、トーンカーブ補正 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-10-04 22:26 | 星雲星団 | Comments(8)

Commented by 夕焼け熊五郎 at 2017-10-05 09:22 x
Toshiさんおはようございます。
良いですねー前回も悪くないと思いましたがより鮮明に分子雲出てますね。それに彗星2個のおまけ付私もひょっとして
と思い前回のすばる引っ張り出しましたが残念ながら。
大塔で星景ばかり撮っていたので今その処理で頑張っています。
Commented by dr_piano at 2017-10-05 10:43
☆夕焼け熊五郎さん、おはようございます!
前回の処理は、ちょっとやり過ぎました。
やはり存在感のあるプレアデスの青とカリフォルニアの赤の対比がポイントですよね☆
それでは大塔の星景を楽しみにしております^^
Commented by 星船 at 2017-10-05 20:53 x
色もばっちり、分子雲もばっちり、彗星もばっちりですね、素晴らしい。お見事!
一画面に2つの違う彗星が写るのはなかなかないのでは。貴重なショットですね。
Commented by Angelheart at 2017-10-05 21:20 x
ものすごい数の細かい星を背景に、分子雲が見事に浮き上がりましたね♪
まるで(茶色い)大きなサソリか蜘蛛(分子「雲」だけに・・・笑)が空を這っているようにも思えます。
それにしても、素人の私にとって、
この中からヒント無しで二つの彗星を探すのは、
「ウォーリーを探せ」よりも難しいかもしれません^^
Commented by dr_piano at 2017-10-05 21:50
☆星船さん、こんばんは!
色飛びを起こしたスバルに申し訳なくやり直したものの、結局3度目にして一応完成させました。
いろいろ試してみましたが、一つの処理工程をあまりやり過ぎないこと(=一歩手前で止める!)のが、大切な気がします。
まるで正解のない問題を解いているような画像処理の世界ですが、それ故にバリエーションもあり楽しいですね^^
また遠征に行きましょう♪
Commented by dr_piano at 2017-10-05 22:06
☆Angelheartさん、こんばんは!
今回は漆黒の大宇宙に浮かぶ星雲星団を宇宙から眺めてみたら、というイメージで処理してみましたが、ご指摘の様に分子雲はまるで生き物のようでして、暗黒星雲との絡みもまた実に美しいですね☆
それと彗星ですが、さすがにパンスターズの方は難易度が高すぎます(私も画像を切り出してみて初めて分かったのですから)!
それにしてもこんなに暗くなっても一生懸命に尾を伸ばしている彗星が可愛いです^^
Commented by alpaprisma at 2017-10-07 20:44
昴が綺麗になりましたね!こちらの方が全体に好印象です♪
Commented by dr_piano at 2017-10-07 22:52
☆alpaprismaさん、こんばんは!
星の輝きを維持しながら、徐々に追い込んでいくのがポイントだと思います☆
今回はいろいろ勉強になりました!
そしてアドバイス、ありがとうございました^^