M77とペルセウス座分子雲の再々処理

今回はくじら座にある、メシエ天体でも最大級の17万光年という直径を持つ巨大な銀河、M77です。
この銀河はその中心核から宇宙ジェットを噴出するなど、活動性の高い代表的なセイファート銀河として知られていますが、300mmレンズの分解能では銀河の渦巻き構造は確認出来ず、何かハロのようにしか見えないのが残念です。
ただこのクジラ座付近では系外銀河が多く観察出来まして、画面やや上のNGC1055(暗黒帯のあるエッジオンタイプ銀河)を始め、画面左下方のNGC1087、1090(ともに棒渦巻銀河)等々、ちょっとした賑わいをみせてくれるので撮影が楽しいです☆

e0344621_936249.jpg

(Oct. 1, 2017 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて3min X8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 静岡市葵区梅ヶ島)

そしてこちらはペルセウス座分子雲の再々処理です。
前回の再処理でプレアデスの飽和はだいぶ軽減されましたが、全体を見直してみますと、肝心の星の描写が眠くなり輝きを失っていることに気付きました。
ところでいつもの私でしたら、ここで先に進まず妥協してしまうところですが・・。
このところの悪天で夜はもっぱら画像処理に時間を割ける上に、タイミング良く同夜撮影行を共にした星船さんの素晴らしい作品が投稿されていたのです。
そこで早速、それをお手本に彩度等を微調節して、最終バージョンとしました!
これでも輝星は飽和傾向にありますが、今後段階露出等を試みながら星本来の美しい色と輝きを再現出来るようになりたいと思います。
そしてこのように奥の深い天体の画像処理の世界を、星仲間と一緒に勉強出来るのは、とても楽しいです^^

e0344621_9364693.jpg

(Oct. 1, 2017 D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→3.5 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて4min×16枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-10-20 10:16 | 星雲星団 | Comments(8)

再処理による分子雲と二つの彗星

前回のカリフォルニア星雲とプレアデス星団のショットでは後者が完全に飽和してしまい、納得がいきませんでした。
そこで気を取り直して控えめの処理を辛抱強く続けていましたら、どうにか理想に近い背景とプレアデスの青を維持出来ました☆↓

e0344621_22242215.jpg

またこの画像には二つの彗星が写っておりまして、その一つはカリフォルニア星雲の左に見える、エメラルドグリーンを呈したアサシン彗星(C/2017 01)です↑

そしてもう一つは、プレアデスの右斜め下のパンスターズ彗星(C/2015 ER61)です↓

e0344621_22251677.jpg

暗いながらも立派な尾が伸びているのが、彗星ファンにはたまらないですね!
アドバイス頂いた星船さん、ありがとうございます!
(Oct. 1, 2017 D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→3.5 Capture NX-Dで現像 ステライメージ7にて4min×16枚コンポジット後 ダーク&フラット処理 デジタル現像 カブリ、レベル、トーンカーブ補正 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-10-04 22:26 | 星雲星団 | Comments(8)

カリフォルニア星雲~プレアデス周辺の分子雲

先週末は夜半の月没後の時間帯を狙い、星見仲間と安倍奥までの遠征でした。
そして現地に到着してみると、これがGPVの予想通り満天の星空☆
そこで早速期待に胸を弾ませ、撮影を始めましたが・・。
これがなぜか撮影途中から色バランスが崩れ出してしまうハプニングに。
当然のことながら撮影後の画像処理が難しく、憧れの分子雲は描出出来たものの、プレアデスに至っては完全に飽和!という結果になってしまいました。
これは大気の影響によるものか、はたまたセンサーの異常からなのか?
次回の遠征までには、原因を究明したいと思います!

e0344621_144510100.jpg

(Oct. 1, 2017 D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→3.5 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて4min×16枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-10-02 14:46 | 星雲星団 | Comments(10)

2ヶ月振りの天の川

昨夜は約2ヶ月振りに、新月期の星見が出来ました。
ただ上空の大気は不安定でして、肉眼では美しい天の川も写真にしますと薄雲が写ってしまい、全32コマ中どうにか使えたのは4枚のみでした。
どうも今年の気圧配置は本来の夏とは違うようでして、澄んだ夜空での観測は、秋晴れのシーズンまで持ち越しのようですね。
写野は以前トライした白鳥座ですが、水蒸気による輝星の顕著な肥大+雲の通過で微妙な色ムラ(カブリ)が残ってしまいました(構図も、ちょっと不安定!)。
それでも大宇宙にレンズを向ける楽しみを久し振りに味わえた、充実のプチ遠征でした☆

e0344621_1056399.jpg

(Aug. 24, 2017 D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→3.2 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて2min×4枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区俵沢)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-08-25 10:59 | 星座 | Comments(6)

はくちょう座の東の翼

先日の梅雨の晴れ間の撮影です。
おなじみの北アメリカ星雲~サドル付近~網状星雲をフレーミングしてみました。
水蒸気+ヘイズのためデネブをはじめ輝星が肥大化していますが、この天然のソフトフィルター効果も独特な雰囲気がありますね!

e0344621_9403391.jpg

(Jun. 20, 2017 D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→3.5 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて3min×6枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区俵沢)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-06-25 09:41 | 星座 | Comments(10)

アンタレス付近~へびつかい@川根本町

月明期の夜は遠征の可否を気にすることもなく、旧作を中心にリメイク作業に集中出来ます。
今回は4月末に撮った定番の「アンタレス付近~へびつかい」です。
この夜は低空のカブリが酷く、一旦は処理を諦めかけたものの、再三補正を繰り返してみたら、だいぶスッキリ仕上がったような気がします。
ただ色バランスは今ひとつなので、(特に)低空の星座は南中前後に撮影すべし!という鉄則を再認識した次第です↓

e0344621_8534047.jpg

(Apr. 30, 2017 D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→2.8 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて2min×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 川根本町)

ところでこのところ、まるで梅雨明けのような青空が続いていますね。
一天文ファンとしては梅雨時の好天はとても嬉しいのですが、近くの安倍川の水位がこの時期としては記録的に少ないという報道に、今後生活用水の確保や農作物への被害等が懸念されます。
やはり何事も極端なのは問題でして、いつものような梅雨空を経てから、あの抜けるような夏空を迎えたいものです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-06-18 08:55 | 星座 | Comments(8)

完全にノーマークだったClark彗星(71P)

この時期、へびつかい~さそり座付近を南下中のClark彗星(71P)ですが、光度が12等のうえ天の川の中という条件での検出は難しいと判断し、撮影リストから外していました。
ところが星ブロガー諸氏のお写真を拝見しますと小さな尾が確認出来ますので、もしかしたら私の過去の画像にも写っていないかと思い、「ウォーリーを探せ!」ならぬクラーク彗星捜索の開始です。
そこで抜群の透明度だった4/29撮影のSh2-27~青い馬付近の写真を用い、位置予報の星図と照らし合わせての拡大検索を繰り返してみました↓

e0344621_23193475.jpg

すると上記画像の□の部分に、右上方にかすかな尾のある彗星を確認出来ました↓

e0344621_1049463.jpg

(Apr. 29, 2017 0:07~ D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→2.8 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて2min×30枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 川根本町)

思わぬ成果に気を良くしたついでに、それなら先日UPしたアンタレス付近にもきっと彗星がいるはずなので見直してみますと・・。
あっ!今度はすぐに分かりました↓

e0344621_10501022.jpg

これは透明度の悪かった5/21のショットですが、アンタレスから東に延びる暗黒星雲(B44)を悠々と横切る可愛い彗星との再会です☆
一旦は没になりかけた当日の画像ですが、Clark君のおかげで記念碑的なショットになりました^^
(May 21, 2017 0:32~ D810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600  Capture NX-Dで現像後ステライメージ7にて4min×5枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 静岡市葵区梅ヶ島)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-05-26 10:53 | 彗星 | Comments(4)

いて座~たて座の天の川とタットル・ジャコビニ・クレサック彗星(41P)

夏の天の川の中でも、この「いて座~たて座」の領域には実に多くの星雲星団がひしめき合っているので、写真の対象に事欠きません。
と言うわけで今年もやっぱり撮ってしまいました↓

e0344621_1265727.jpg

ところでこの夜はスカイメモの機嫌が悪く、300mmでのノータッチガイドが出来ませんでした。
そこで85mmの試写を兼ねて撮ってみたのが、タットル・ジャコビニ・クレサック彗星(41P)です↓

e0344621_1272522.jpg

こと座ベガのやや北で、天の川のほとりの微光星群に見え隠れする蛍のようで、これもまた独特な趣がありますね☆
(D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→3.2 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にてコンポジット(2min×8枚)&編集 スカイメモRにてノータッチガイド  川根本町)


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-05-12 12:10 | 星雲星団 | Comments(8)

さそり座のしっぽ付近

引き続き先月末の撮影分からですが、この「さそり座のしっぽ付近」は、いつもの河川敷からは光害のため、全く撮影の対象にならない星域でした。
そこで川根本町への遠征の機会に初挑戦してみました。
残念ながら低空では静岡・藤枝市の光の影響が見られ、カラーバランスの悪い仕上がりになりましたが、それでもM6、M7そしてNGC6357(彼岸花星雲)、NGC6334(出目金星雲)、IC4628(エビ星雲)の三つの散光星雲も撮影出来て嬉しいです♪
ところで今回再認識したのですが、銀河中心部の南東の天の川の濃さは凄いですね!
まるで油絵で描いた燃えさかる炎のようにも見えます☆
こちらも次回、安倍川上流から再チャレンジしたいです!

e0344621_21501969.jpg

(D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→4 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にてコンポジット(2min×10枚)&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 低空部のトリミングあり 川根本町)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-05-07 21:42 | 星雲星団 | Comments(8)

へびつかい座ζ星付近の散光星雲(Sh2-27)と青い馬星雲IC4592)

新月期と重なった今年のGWは初日から絶好の晴天となり、早速川根本町へ遠征しました。
そして夏の天の川が上ってくる間に撮影したのが、へびつかい座のζ星付近に位置する直径10度にも及ぶ巨大な散光星雲(Sh2-27)です(画面右にはIC4592、通称「青い馬星雲」もかすかに写っています!)。
今回は1時間の露光でしたが、複雑な暗黒星雲や分子雲らしきものも写っていてとても興味深い対象だと思います。
今後安倍川上流に遠征した際に、再度チャレンジしてみたいです!

e0344621_2285176.jpg

(D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→2.8 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にてコンポジット(2min×30枚)&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 川根本町)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-04-29 18:10 | 星雲星団 | Comments(8)