Le Gentil と金星の太陽面通過

いつも「はくちょう座」の星図を眺める度に不思議に思っていたことがあります。
それは北アメリカ星雲とケフェウス座のIC1396の間に存在する巨大な暗黒星雲の名称が、いわゆる(Bから始まる)バーナード番号ではなく、Le Genti 3と記載されていることです↓

e0344621_23205618.jpg

(D810A SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→2.8 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にてコンポジット(3min×4枚)&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区俵沢)

そこで今回の写真をUPするついでに調べてみました。
するとこれは18世紀に活躍したフランスの天文学者、ル・ジャンティ(Le Gentil;1725-1792)にちなんだものなのだそうです。
当時は地球と太陽との距離(天文単位)を正確に計るために、金星の太陽面通過時間を地球の数カ所で測定することが、ヨーロッパの天文学者に課せられた使命の一つだったのです。
彼もフランスの代表として、1761と1769年にインド洋まで遠征したものの、初回は英仏戦争のさなか目的地まで辿り着くことが出来ず、続く二回目は現地での赤痢の罹患、船の難破等々で帰国まで11年を要したと記述があります。
さらに帰国時にはすでに彼自身に死亡宣告がなされ、また財産の没収という憂き目に遭うも、不屈の精神で再びパリで天文学者として再起したそうです。
この波瀾万丈な天文学者の功績を讃え、夜空に永遠に(黒く!)輝く星雲の名を残したわけです☆
ところで金星の太陽面通過と言えば、2012年の6月6日を思い起こします。
この年は5月の金環日食とともに歴史的な天文ショーが続き、これをきっかけに私の天文熱が再燃したのでした!↓

e0344621_23211370.jpg

(2012年6月6日 12:54 静岡市葵区の自宅庭にて)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-06-11 23:28 | 星雲星団 | Comments(10)

薄明と夏の大三角形

今回の新月期には今話題の彗星や夏の天の川を狙うつもりでしたが、あいにくの悪天続きで成果は全くありません。
やはり春になりますと、周期的な天気の変化に加え春霞の影響で、透明度の良い夜がめっきり減ってくるのは仕方のないことですね。
というわけで以前のストックから、薄明と夏の大三角形です。
この観測地の空の暗さは抜群ですが、周囲が山に囲まれているため低空の対象が限られてしまうのが惜しいです。
ただアクセスは良いので、遠征地の一つとしてこれからも通ってみたいと思います♪

e0344621_22242944.jpg

(D810A SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→2.8 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にてコンポジット(3min×4枚)&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-04-02 22:19 | 星座 | Comments(6)