はくちょう~ケフェウス座の天の川

梅雨明け後にしては、何ともはっきりしない天気が続いています。
今週末からの新月期には、きれいに晴れ上がった夜空で天の川が見えることを期待したいものです。
さてもう残り僅かな在庫から、今回は「はくちょう座~ケフェウス座」にかけての美しい天の川です。
北アメリカ星雲~ケフェウス座のIC1396に広がる複雑な暗黒星雲が見事ですね☆
このように天頂近くの対象に露出をたっぷりかければ、静岡市街からの光害の影響のある俵沢でも、かなり写ってくれることが分かります♪
e0344621_21403291.jpg


(EOS60Da EF35mm F1.4L II USM F1.4→3.2 ISO1600 ステライメージ7にて3min ×16枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド・トリミングあり・葵区俵沢にて)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-07-26 21:24 | 星座 | Comments(8)

いて~たて座の天の川

毎年この時期になりますと、夏の天の川が立ち上がるように見えます。
このいて座~たて座の領域には実に多くの星雲星団がひしめき合っているので、写真の対象に事欠きません。
この写真は抜群に透明度の良かった先週の撮影ですが、複雑な構造を見せる微光星の塊が美しいです。
次回はこの星域を、空のもっと暗い新観測地で狙ってみたいと思います☆
e0344621_14564870.jpg

(共通データ:EOS60Da EF35mm F1.4L II USM F1.4→3.2 ISO1600 ステライメージ7にて2min ×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド・トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-07-11 14:57 | 星座 | Comments(12)

はくちょう座の天の川

夏の天の川は撮りどころ満載です。
このはくちょう座付近も、赤い星雲+暗黒星雲の複雑な文様が印象的な星域です。
この夜は透明度が良く、また対象が天頂近かったので、いつもの安倍川の河原からでも、十分に写ってくれました♪
そして写真を撮りながら双眼鏡でこの天の川をボーっと眺めている時間が、私にとっての最高の気分転換です☆
e0344621_7591018.jpg

(EOS60Da EF35mm F1.4L II USM F1.4→3.2 ISO1600 ステライメージ7にて3min ×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-05-30 08:00 | 星座 | Comments(10)

アンタレス付近から銀河中心方向の天の川まで

このGW期間中の二回目のプチ遠征の夜は、抜群の透明度でした。
そこで、これまでに何度も敗退させられた「さそり~いて座」方向に、ダメ元でレンズを向けてみたところ・・。
これが意外にもスッキリ撮影出来ていてビックリ!
画面右上に輝く火星から斜め左下方にアンタレスを取り囲む散光星雲群、さらに左方にへびつかい座の暗黒星雲群を経て銀河系の中心部方向まで、実にカラフルな光景が展開します☆
条件さえ良ければ、南の低空もそれなりに写ってくれることが確認出来て良かったです☆
(今回はM8がギリギリで余裕のない配置になってしまいました。次回はもっと東寄りにフレーミングしたいと思います!)
e0344621_23262047.jpg

(EOS60Da EF35mm F1.4L II USM F1.4→3.2 ISO1600 ステライメージ7にて2min ×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-05-14 23:32 | Comments(10)

秋の天頂の二つの「さんかく」

アンドロメダ座のお隣さんである、さんかく座。
3等星と4等星が細長い三角形を形成する小さな星座ですが、周辺に明るい星がないので比較的見つけやすいです(Fig.1 の小さな三角形)。
そしてこの星座の見どころが、M33という系外銀河です(さんかく座の頂点のやや右下)。
アンドロメダのM31(右下の大きな銀河)があまりにも有名ですが、このM33も実に見事な銀河でして、中望遠レンズでもしっかりその渦構造を確認することが出来ます(Fig.2 を参照下さい)。
ところでタイトルにある二つ目の「さんかく」とは、このM33とアンドロメダ座の散開星団NGC752を底辺とし、系外銀河の王M31を頂点とする、これまた細長い二等辺三角形のことでした(Fig.1 の大きな三角形)。
この付近を写真に撮ると浮かび上がってくる、この大きな三角形がいつも気になっていたのです☆

(Fig. 1 さんかく~アンドロメダ座付近:EOS60Da EF35mm F1.4L II USM 
F1.4→3.2 ISO1600 2.5minX4枚コンポジット)↓
e0344621_10124269.jpg


(Fig. 2 M33:EOS60Da Apo-Sonnar T* 135mm F2→2.8 ISO1600
2minX4枚コンポジット トリミングあり)↓
e0344621_1013370.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-10-18 10:14 | 星雲星団 | Comments(4)

EF35mm F1.4L II USM による秋の天の川とオリオン座

昨夜は夜半から晴れ上がるとのGPVの予報でしたが、実際に天体撮影が出来たのは、天文薄明の始まる45分程前からでした!
それでも数カット撮影出来ましたので、編集の終わったものからUPしてみます!

白鳥座のデネブ周辺~ケフェウス~カシオペアにかけての、秋の天の川です↓
e0344621_1430567.jpg


左上方隅の拡大ですが、収差の目立たない素晴らしい画像で、星像もほぼ円形を保っています↓
e0344621_14315374.jpg

これは是非、フルサイズで使ってみたいレンズです☆

そしてオリオン座です。
こちらも星像は非常に良好です♪
ただこの観測地は南東の方向に市街地があるため、カブリ補正が大変でした。
オリオン座はこの冬にじっくり撮りたいので、新たなロケ地探しが当面の課題です↓
e0344621_14341571.jpg

(共通データ:EOS60Da EF35mm F1.4L II USM F1.4→3.2 ISO1600
2.5minX4枚コンポジット)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-10-12 14:36 | 星座 | Comments(4)

EF35mm F1.4L II USM による試し撮り

天体写真を再開してからのここ数年間、フィルム時代から持っていた色収差の出やすいレンズを手放し、新しいラインナップを作成中です。
そしてこのEF35mm F1.4L II USMも、BRレンズによる青色の色収差補正を謳った新レンズです。
そこで先週、薄明終了から月が上ってくるまでの1時間を狙って、初撮りしてきました。
対象はお馴染みの白鳥座の天の川ですが、この夜は薄雲がひっきりなしに通過する悪い条件。
それでも雲間から何とか2枚だけ撮影出来ました。
その結果ですが、色収差および周囲のコマ収差がほとんど目立たない、とても気持ちの良い描写です♪
Apo-Sonnarとともに、このレンズも天体用として長く使えそうです☆
(EOS60Da EF35mm F1.4L II USM F1.4→3.2 ISO1600 1.5minX2枚コンポジット)
e0344621_2223288.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-10-06 22:26 | 星座 | Comments(4)