タグ:Apo-Sonnar T* 135mm ( 37 ) タグの人気記事

完全にノーマークだったClark彗星(71P)

この時期、へびつかい~さそり座付近を南下中のClark彗星(71P)ですが、光度が12等のうえ天の川の中という条件での検出は難しいと判断し、撮影リストから外していました。
ところが星ブロガー諸氏のお写真を拝見しますと小さな尾が確認出来ますので、もしかしたら私の過去の画像にも写っていないかと思い、「ウォーリーを探せ!」ならぬクラーク彗星捜索の開始です。
そこで抜群の透明度だった4/29撮影のSh2-27~青い馬付近の写真を用い、位置予報の星図と照らし合わせての拡大検索を繰り返してみました↓

e0344621_23193475.jpg

すると上記画像の□の部分に、右上方にかすかな尾のある彗星を確認出来ました↓

e0344621_1049463.jpg

(Apr. 29, 2017 0:07~ D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→2.8 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて2min×30枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 川根本町)

思わぬ成果に気を良くしたついでに、それなら先日UPしたアンタレス付近にもきっと彗星がいるはずなので見直してみますと・・。
あっ!今度はすぐに分かりました↓

e0344621_10501022.jpg

これは透明度の悪かった5/21のショットですが、アンタレスから東に延びる暗黒星雲(B44)を悠々と横切る可愛い彗星との再会です☆
一旦は没になりかけた当日の画像ですが、Clark君のおかげで記念碑的なショットになりました^^
(May 21, 2017 0:32~ D810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600  Capture NX-Dで現像後ステライメージ7にて4min×5枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 静岡市葵区梅ヶ島)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-05-26 10:53 | 彗星 | Comments(2)

アンタレス付近~青い馬とJohnson彗星(C/2015 V2)

先週末はいつもの星見メンバーと、安倍奥まで遠征しました。
今回は月の出までの時間が限られていたので、今一番撮りたいアンタレス付近~青い馬のワンショットに集中しての撮影です☆
そして自己記録更新の80分露出を無事に終え、期待を胸に画像処理を始めたのですが・・。
現像の前に同時保存のJPEG画像で確認すると、低空を飛来する薄雲とおそらくPM2.5に由来するヘイズで、S/N値の低いショットばかり。
この夜は確かに快晴ではありましたが、透明度にやや難がありまして、天体写真向けのコンディションではなかったようです。
それでも気を取り直して、比較的良好な5コマ(計20分)を使い処理してみましたが、粗い画像の上、サソリの頭部の星に光芒が目立ってしまいました↓

e0344621_9391745.jpg

この時期は大気が不安定なので、撮影は難しいですね!
また次の機会にチャレンジしたいと思います♪
(May 21, 2017 D810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600  Capture NX-Dで現像後ステライメージ7にて4min×5枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)

そしてこちらは昨日のJohnson彗星(C/2015 V2)です↓

e0344621_9394869.jpg

風呂上がりに空を眺めて見ますと晴れ間がありましたので、近場で撮影してきました。
現地に着いてみますと、やはり薄雲の飛来するハッキリしない夜空で、極軸確認用の標準星の一つが全く見えませんでした。
ただこのような条件下でもJohnson君、立派に成長して彗星らしい姿を見せてくれました^^
(May 23, 2017 0:13~ D810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて彗星核(2min×8枚)コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 静岡市葵区俵沢)
 
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-05-23 09:43 | 星雲星団 | Comments(10)

4/19のタットル・ジャコビニ・クレサック彗星(41P)

昨夜は約2週間振りに、タットル・ジャコビニ・クレサック彗星(41P)を撮影出来ました。
近日点は通過していますが、依然6等台を保ち「りゅう座」を移動中です。
(Apo-Sonnar T* 135mm F2→3.2 2min×4枚 トリミングあり)↓

e0344621_1584744.jpg


こちらは彗星本体の様子です。
りゅう座β星(ラステバン・画面左)のオレンジ色と、彗星のコマのエメラルド・グリーンの対比が美しいです☆
そして右上に短い尾があるようです☄
(AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 彗星核でコンポジット2min×4枚 トリミングあり)↓

e0344621_2181833.jpg

(共通データ:D810A ISO1600 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区俵沢)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-04-21 02:03 | 彗星 | Comments(8)

いっかくじゅう座のカモメ(わし)星雲(IC2177)

大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます☆
今年の初撮りは干支にちなんで、いっかくじゅう座のカモメ(わし)星雲(IC2177)と決めていましたが、お正月にステライメージを走らせていたメインパソコンの調子が悪くなってしまい、やっと復旧したところです(WINDOWS10の更新アップデート後からいろいろな不都合が出ていました。皆さまお気を付け下さい)。
さて厳冬期の撮影ですが、3月までは峠越えのある本川根町への遠征はお休みにしまして、いつもの安倍川河川敷(俵沢)になります。
ご覧のように南天の撮影では、静岡市の光害+低空のモヤの影響でカブリが酷くなってしまいますが、それでもどうにか星雲の形を炙り出すことが出来ましたので、これで良しとしたいと思います☆
それでは今年も、どうぞ宜しくお願い致します!
e0344621_2214088.jpg

(D810A  Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600 ステライメージ7にて3min ×10枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2017-01-05 22:02 | Comments(12)

夜明け前のジョンソン彗星とネオワイズ彗星

昨夜は星仲間のお二人と一緒に、本川根町まで遠征してきました♪
そして夜明け前の東天に二つの彗星を探して、今年の星の撮り納めとなりました☆
今年は皆さまとの楽しいご交流、ありがとうございました^^
来年もまた、どうぞ宜しくお願い致します!

まずはJohnson 彗星です↓
e0344621_049192.jpg

まだ暗くて小さくしか写りませんが、それでもしっかりした尾が確認出来ます。
来年の夏の見頃が楽しみです♪

そしてこちらが、NEOWISE 彗星の初ショットです↓
e0344621_0493350.jpg

彗星本体のおなじみエメラルドグリーンが確認出来ますが、明らかな尾はなさそうです。
現在7等級で、1月14日の近日点通過に向けてさらに明るくなる予想です。
ただ天文薄明時の高度が10度前後とかなり低いので、東天の開けた所での観測が必要です!
(D810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600 Johnson彗星は2min×4枚、NEOWISE彗星は15sec×6枚露出 ステライメージ7にて恒星基準でコンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 本川根町)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-12-31 00:50 | 彗星 | Comments(10)

確認レベルの本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星

現在やぎ座で7~8等級まで増光し、きれいな尾まで見えると報告されている、本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星(45P)。
そこで仕事のなかった昨夕に、自宅から車で3分の安倍川河川敷で、早速チャレンジしてみましたが・・。
思った以上の光害レベルに加え、薄明終了直後から急速に薄雲が張り出してしまい、尾どころか彗星本体の確認レベルの画像に終わってしまいました。
残念ですが、市街地での低空の撮影の困難さをあらためて認識しました。
でもこの彗星、地球に最接近する2月以降は条件良く観測出来るらしいので、また来年のチャンスに期待したいです☆

e0344621_2132091.jpg


(D810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→2.8 ISO1600 ステライメージ7にて20sec ×2枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 2016年12月25日 17:58~ 安倍川河川敷にて)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-12-26 21:35 | 彗星 | Comments(10)

オリオン座中心部とバーナードループ

冬の花形星座オリオンの中でも、その中心部とバーナードループ付近の美しさは格別なので、シーズン中には何度もレンズを向けてしまいます。
これも11月に川根本町で撮ったものですが、バーナードループのみならず星間分子雲の複雑な構造が実に幻想的でもあります。
ところでこの星域ですが、人工衛星や飛行機の通過が多いのが悩みの種です。
画像処理ではうまく消去出来ないので、次回にはもっとコマを多めに撮る必要がありそうです。

e0344621_6534924.jpg

(D810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→2.8 ISO1600 ステライメージ7にて4min ×10枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 川根本町)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-12-24 06:56 | 星座 | Comments(12)

暗い空を探して~オリオンの三つ星付近~

今秋から通い始めた川根本町の星見スポットですが、ただ唯一の不安が凍結や(場合によっては)降雪もあり得る厳冬期のアクセスです。
そこで先週から、代替地探しを始めました。
今回は藁科川上流の日向(ひなた)地区方面です。
この地区には年に二回程出張で行きますので、数カ所候補地は頭に入っていたのですが、いざ夜間に出かけてみますと人家と街灯が延々と続きまして、残念ながら全天を見渡せるような場所はありませんでした。
しかしながら、南天~天頂方向が開けた地点で試し撮りをしたところ、露光30分で星間分子雲が浮かび上がりましたので、空の暗さはO.K.だと思います☆
しかも自宅から30分の近さなので、南天の対象に限っては、お気軽スポットとして使えそうです^^

e0344621_9545932.jpg


(D810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600 ステライメージ7にて3min 10枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 静岡市葵区坂ノ上)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-12-09 10:08 | 星雲星団 | Comments(12)

バラ星雲~クリスマス星団付近

昨夜は星仲間の方からのお誘いで、川根本町への二度目の遠征をしてきました。
対象はバラ星雲~クリスマス星団付近ですが、さすがに暗い(S/N比の高い!)空の下で撮影しますと、星の色合いがきれいに表現出来て気持ちが良いものです^^
特に画面中央やや右で青白く輝くIC2169(通称カタツムリ星雲)から右上に広がる暗黒星雲が、クリスマス星団を頭とした竜の胴体のようにも見えて、面白いですね☆
ウィークデイだったのでこれを含め2ショットのみで早々に切り上げましたが、それでも満足感いっぱいで帰路につくことが出来ました♪

e0344621_1048255.jpg


(D810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600 ステライメージ7にて4min × 8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-12-03 10:49 | 星雲星団 | Comments(12)

エンゼルフィッシュ星雲と餌の周辺

先日の遠征の第二弾も、やはりオリオン座からです。
静岡市街からの光の影響を受ける安倍川河川敷からでは、何度試みてもうまく炙り出せなかった「エンゼルフィッシュ星雲」(Sh2-264)。
でもさすがに藁科川上流の暗い空の下ですと、その美しい姿をとらえることが出来ました♪
ところでここで気になったのが、魚の輪郭の周囲に浮かぶ赤褐色のヴェールです。
これは(強引な!)画像処理によるムラ?それとも分子雲?
そこでブログ諸氏のレポートをいろいろ検索したところ、実はこの辺りには分子雲が多いことが分かりました☆
実際「エンゼルフィッシュの餌!星雲」(Sh2-263 & vdB 38)の右斜め下方にある赤褐色の星雲は、Sh2-265と呼ばれているそうです。
まあどの対象にしてもそうですが、長時間露光をしますと、また違った景色が見えてくるところが面白いですね。
というわけで、次回はもっとたっぷり露出をかけて臨みたいと思っています!

e0344621_094047.jpg

e0344621_095626.jpg


(D810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→2.8 ISO1600 ステライメージ7にて4min ×9枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-11-13 00:12 | 星雲星団 | Comments(10)