薄明の北斗七星と富士 

月明かりのある今週末は天体観測には不適です。
そのためいつもの展望台から、夜明け前の富士を撮りに行きました。
すると北斗七星がカッコよく上ってきました。
富士と星のコラボも続けていきたいと思っています♪
(E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm、F2→4.0、25sec、ISO 400)
e0344621_11424390.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

# by dr_piano | 2015-10-04 11:36 | 星座 | Comments(4)

アンドロメダ銀河~長時間露出のつもりが~

秋の澄んだ夜空に、アンドロメダ銀河が撮り頃です。
今年2回目の挑戦は長時間露出のはずでしたが、この夜はスカイメモの機嫌が悪く、打率も3割台と低迷。
やはりライカ換算480mmにもなりますと、1分以上の露出時間は厳しいです。
それでも、どうにか使えるショット16コマを選び出して、画像処理をしてみました。
(AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED EOS60Da ISO1600 1.5min x 16枚コンポジットで計12min トリミングあり)↓
e0344621_1718181.jpg

銀河中央部が、完全に飽和しまくっていますね!

そこで少しでも軽減できないかと、デジタル現像を追加しました↓
e0344621_17204280.jpg

う~ん・・何だか少し画像が眠くなってしまったようです(色合いもおかしいし・・)。
でも天体写真って、本当に楽しいですね☆
というわけで、今後も永遠の課題であるアンドロメダへの挑戦は続きます^^

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

# by dr_piano | 2015-10-01 18:08 | 星雲星団 | Comments(4)

RegiStaxで月面撮影

月や惑星の投稿記事でしばしば目にする、RegiStaxという画像ソフト。
遅ればせながらこれがフリーソフトであることに気付き、早速先日のスーパームーンで試してみました。
ただこのソフト、私のWindows 7 では"Out of Memory"(メモリー不足!)の連続でして、上手く作動してくれません。
そのため処理画像のリサイズや条件設定の検討、そして画像処理の流れに慣れるまで、丸二日を費やしました!
というわけで、(我流ながら)やっとのことでゲット出来た画像をUPしてみます♪
ちょっとsharpness が強めですが、月面の凹凸が良く分かります↓
(EF400mm F5.6L USM x1.4 テレコン (合成焦点距離 1120mm) E-M5
ISO200 1/640秒×14枚 RegiStax6でスタック スカイメモRで自動追尾)
e0344621_22321567.jpg


これに気を良くして、前回の記事である月齢10の画像3枚をスタックしてみました。
こちらも期待以上の立体感にビックリです↓
(PROMINAR 500mm F5.6 FL E-M5 MARK II ISO 200 1/500 sec RAW→モノクロ変換 1/500秒×3枚 RegiStax6でスタック )
e0344621_2225530.jpg


次回は下弦の月を自動追尾で撮ってみるつもりです♪

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

# by dr_piano | 2015-09-30 22:40 | | Comments(2)

月齢10

この4連休は、昼は晴れても夜になると薄い雲に覆われるという繰り返しで、結局星見に出掛けるチャンスはありませんでした。
そして今夜から天気も下り坂なので、もう天体観測は無理かと諦めかけていたところ、意外にも南の空に月齢10のきれいな月が輝いていました!
そこで早速庭に望遠レンズを持ち出し、いつものようにお手軽撮影をしてみました♪
(PROMINAR 500mm F5.6 FL E-M5 MARK II ISO 200 1/500 sec RAW→モノクロ変換)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
e0344621_22341138.jpg

[PR]

# by dr_piano | 2015-09-23 19:39 | | Comments(4)

北アメリカ星雲とγ星付近の散光星雲

せっかくの4連休ですが、毎日夜になると曇ってしまい、結局は星撮りに行けない日が続いています。
というわけで今回は、先日撮影した北アメリカ星雲です。
この夜は長時間露出を試みましたが、画像処理の時点でわずかなガイドミスが判明。
残念ながら使えたのは4コマのみ(=計6分)にとどまりました。
ところで星ナビ10月号(92ページ)に、「北アメリカ星雲」を「大阪のおばちゃん」に見立てる記事が掲載されていました。
星を愛する作者の豊かな想像力が感じられる投稿だと思います☆
そして私の画像ですが、輝星のゴーストが偶然にも「怒れるおばちゃん」の眼前の炎のようになりました♪
(AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED EOS60Da ISO1600 1.5min x 4枚コンポジット トリミングあり)↓
e0344621_22242661.jpg


さらに北アメリカ星雲と、はくちょう座γ星を対角線の構図で入れますと、後者が竜神の目に見えてきませんか?
天の川の中州を隔てての「おばちゃん」vs「竜」の睨み合いは、さすがに迫力があります。
これではペリカン君の逃げ場もありませんよね(笑)。
(Apo-Sonnar T* 135mm F2→2.8 EOS60Da ISO1600 2min Kenko ASTRO
LPR Type 2)↓
e0344621_222583.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

# by dr_piano | 2015-09-22 22:27 | 星雲星団 | Comments(6)