Le Gentil と金星の太陽面通過

いつも「はくちょう座」の星図を眺める度に不思議に思っていたことがあります。
それは北アメリカ星雲とケフェウス座のIC1396の間に存在する巨大な暗黒星雲の名称が、いわゆる(Bから始まる)バーナード番号ではなく、Le Genti 3と記載されていることです↓

e0344621_23205618.jpg

(D810A SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→2.8 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にてコンポジット(3min×4枚)&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区俵沢)

そこで今回の写真をUPするついでに調べてみました。
するとこれは18世紀に活躍したフランスの天文学者、ル・ジャンティ(Le Gentil;1725-1792)にちなんだものなのだそうです。
当時は地球と太陽との距離(天文単位)を正確に計るために、金星の太陽面通過時間を地球の数カ所で測定することが、ヨーロッパの天文学者に課せられた使命の一つだったのです。
彼もフランスの代表として、1761と1769年にインド洋まで遠征したものの、初回は英仏戦争のさなか目的地まで辿り着くことが出来ず、続く二回目は現地での赤痢の罹患、船の難破等々で帰国まで11年を要したと記述があります。
さらに帰国時にはすでに彼自身に死亡宣告がなされ、また財産の没収という憂き目に遭うも、不屈の精神で再びパリで天文学者として再起したそうです。
この波瀾万丈な天文学者の功績を讃え、夜空に永遠に(黒く!)輝く星雲の名を残したわけです☆
ところで金星の太陽面通過と言えば、2012年の6月6日を思い起こします。
この年は5月の金環日食とともに歴史的な天文ショーが続き、これをきっかけに私の天文熱が再燃したのでした!↓

e0344621_23211370.jpg

(2012年6月6日 12:54 静岡市葵区の自宅庭にて)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

# by dr_piano | 2017-06-11 23:28 | 星雲星団 | Comments(10)

久し振りの月面撮影@自宅

先週末はとても透明度の良い夜が続きましたが、出張と月明のため遠征は諦め、代わりに昨夜は久し振りの月撮影@自宅庭に臨みました☆
ところでキレイに輝く月齢10を撮ったまでは良かったのですが、肝心の画像処理をする段階になって、RegiStax6がパソコンから消えていることに気が付きました。
実はこの間にパソコンがウイルス被害に逢い、修理のため基本ソフトは全て破棄されていたのです。
と言うわけで昨夕はRegiStax6のDLに始まり、またほとんど忘れていた基本操作の復習となりました。
ところで優秀で扱いやすいこのソフトですが、一点気になりますのが、取り込み画像のサイズが大きいと、途中で「Out of Memory」となり続行不可能になってしまうことです。
今回は3600×2700pix までサイズダウンした10枚を取り込みましたが、処理可能な最大画素数に関しては、今後も検討していきたいと思います♪

e0344621_7395725.jpg

(PROMINAR 500mm F5.6 FL E-M5 II ISO 200 1/400 sec RAW→モノクロ変換後 RegiStax6で10枚スタック&Wavelet処理 スカイメモRで自動追尾)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

# by dr_piano | 2017-06-05 07:40 | | Comments(8)

5/30のJohnson彗星と、はくちょう座サドル~三日月星雲付近

新月期の先週末は残念ながら天候に恵まれませんでしたが、週明けの昨夜は仕事帰りにきれいな星空を確認、そして気分は一気に出撃モードに!
そこで深夜からでも充分に往復出来る、近場までのプチ遠征を敢行しました。
ところでこのスポットでは、対象が光害の影響の少ない天頂そして北~西天付近に限られますので、まずは高度が充分にある旬のJohnson彗星(C/2015 V2)にレンズを向けてみました↓

e0344621_6361828.jpg

近日点通過を目前に控え、このところ立派なダストテイルが成長していますが、実は今話題のイオンテイルが撮りたくて、気になっていたのです。
そこで今回は48分とたっぷり露出をかけてみたのですが・・。
残念ながら写りませんでした。
淡い尾を浮かび上がらせるには、やはり暗い空のもとでないとダメなようですね。
今後は梅雨の真っ只中でのフォローになりますが、それでも晴れ間があれば諦めずにトライしてみようと思います!
(May 30, 2017 0:05~ D810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて彗星核(3min×16枚)コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 静岡市葵区俵沢)

彗星撮影の後は同じく300mmレンズで、はくちょう座のサドル(γ星)~三日月星雲(NGC6888)付近を撮ってみました。
通常はサドルを中央にした構図が多いのですが、フレネルレンズによるハロがあまり目立たないように、今回はあえて三日月星雲を中央に配置してみました↓

e0344621_23472760.jpg

それにしてもこの辺りは散光星雲の巣とも呼ばれる星域で、とても美しいですね☆
( D810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて3min×4枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区俵沢)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

# by dr_piano | 2017-05-30 23:45 | 彗星 | Comments(10)

完全にノーマークだったClark彗星(71P)

この時期、へびつかい~さそり座付近を南下中のClark彗星(71P)ですが、光度が12等のうえ天の川の中という条件での検出は難しいと判断し、撮影リストから外していました。
ところが星ブロガー諸氏のお写真を拝見しますと小さな尾が確認出来ますので、もしかしたら私の過去の画像にも写っていないかと思い、「ウォーリーを探せ!」ならぬクラーク彗星捜索の開始です。
そこで抜群の透明度だった4/29撮影のSh2-27~青い馬付近の写真を用い、位置予報の星図と照らし合わせての拡大検索を繰り返してみました↓

e0344621_23193475.jpg

すると上記画像の□の部分に、右上方にかすかな尾のある彗星を確認出来ました↓

e0344621_1049463.jpg

(Apr. 29, 2017 0:07~ D810A SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art ISO1600 F1.4→2.8 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて2min×30枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 川根本町)

思わぬ成果に気を良くしたついでに、それなら先日UPしたアンタレス付近にもきっと彗星がいるはずなので見直してみますと・・。
あっ!今度はすぐに分かりました↓

e0344621_10501022.jpg

これは透明度の悪かった5/21のショットですが、アンタレスから東に延びる暗黒星雲(B44)を悠々と横切る可愛い彗星との再会です☆
一旦は没になりかけた当日の画像ですが、Clark君のおかげで記念碑的なショットになりました^^
(May 21, 2017 0:32~ D810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600  Capture NX-Dで現像後ステライメージ7にて4min×5枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 静岡市葵区梅ヶ島)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

# by dr_piano | 2017-05-26 10:53 | 彗星 | Comments(4)

アンタレス付近~青い馬とJohnson彗星(C/2015 V2)

先週末はいつもの星見メンバーと、安倍奥まで遠征しました。
今回は月の出までの時間が限られていたので、今一番撮りたいアンタレス付近~青い馬のワンショットに集中しての撮影です☆
そして自己記録更新の80分露出を無事に終え、期待を胸に画像処理を始めたのですが・・。
現像の前に同時保存のJPEG画像で確認すると、低空を飛来する薄雲とおそらくPM2.5に由来するヘイズで、S/N値の低いショットばかり。
この夜は確かに快晴ではありましたが、透明度にやや難がありまして、天体写真向けのコンディションではなかったようです。
それでも気を取り直して、比較的良好な5コマ(計20分)を使い処理してみましたが、粗い画像の上、サソリの頭部の星に光芒が目立ってしまいました↓

e0344621_9391745.jpg

この時期は大気が不安定なので、撮影は難しいですね!
また次の機会にチャレンジしたいと思います♪
(May 21, 2017 D810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600  Capture NX-Dで現像後ステライメージ7にて4min×5枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド 静岡市葵区梅ヶ島)

そしてこちらは昨日のJohnson彗星(C/2015 V2)です↓

e0344621_9394869.jpg

風呂上がりに空を眺めて見ますと晴れ間がありましたので、近場で撮影してきました。
現地に着いてみますと、やはり薄雲の飛来するハッキリしない夜空で、極軸確認用の標準星の一つが全く見えませんでした。
ただこのような条件下でもJohnson君、立派に成長して彗星らしい姿を見せてくれました^^
(May 23, 2017 0:13~ D810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 Capture NX-Dで現像後 ステライメージ7にて彗星核(2min×8枚)コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 静岡市葵区俵沢)
 
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

# by dr_piano | 2017-05-23 09:43 | 星雲星団 | Comments(10)