カテゴリ:星座( 27 )

オリオン座中心部とバーナードループ

冬の花形星座オリオンの中でも、その中心部とバーナードループ付近の美しさは格別なので、シーズン中には何度もレンズを向けてしまいます。
これも11月に川根本町で撮ったものですが、バーナードループのみならず星間分子雲の複雑な構造が実に幻想的でもあります。
ところでこの星域ですが、人工衛星や飛行機の通過が多いのが悩みの種です。
画像処理ではうまく消去出来ないので、次回にはもっとコマを多めに撮る必要がありそうです。

e0344621_6534924.jpg

(D810A Apo-Sonnar T* 135mm F2→2.8 ISO1600 ステライメージ7にて4min ×10枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり 川根本町)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-12-24 06:56 | 星座 | Comments(12)

カノープス -勘行峰林道からのレポート-

※コメント機能が、無事に回復しました!
一時ご迷惑をおかけしました(11月17日、8:12記)

きれいな空の下でカノープスが観望出来、さらに憧れのガム星雲が撮影出来そうな場所を探そうと、先週末は勘行峰林道まで車を走らせました。
観測スポットは林道で唯一南方の視界が広がる遠征候補地・笹山登山口の駐車場です。
するとどうでしょう!
低空に雲がかかっていたにもかかわらず、カノープスがはっきり確認出来ました☆↓
e0344621_10121125.jpg


そして20分後に再度撮影したものが次の写真です↓
e0344621_10123383.jpg

ガム星雲は「とも座のζ星」から「ほ座のγ星」の間に拡がりますので、南中時ならある程度の高度で見えそうです。
ただ次なる問題点が浮上しました。
・南方低空が確認出来る位置からは、北に山が迫り北極星が見えないこと。
・南中の方向に藤枝市の街明かり(画面右下)が見えること。
前者に関しては、極軸ドリフト法で対処出来そうですが、光害だけはどうしようにもありません(画像処理での苦戦が予想されます!)。
残念ながら、ここでの南天の淡い星雲の撮影にはちょっと無理がありそうです。

そこであらためて光害マップを見てみますと・・。
やはり東海地方の海岸線は一様に明るいので、南天を撮影するには太平洋上に張り出した海岸線(出来れば半島の先)からの撮影が一番有利ということになります。
そして静岡市から1時間半圏内でアクセスの良い海岸と言えば、御前崎が真っ先に思い浮かびます(理想は南伊豆ですが、天候の予測がつかず気楽には遠征出来ません)。
またネットで調べてみますと、御前崎最南端から南方に6等星が肉眼で確認出来るという情報もありましたので、次回のロケハンは御前崎を予定しています♪

最後に当夜のもう一つの目的だった、安倍奥の盟主、山伏(2014m)から眺めた夜明け前の富士です↓
e0344621_10142714.jpg

ここからの牧歌的な風景が好きで、毎年年賀状用の写真撮影に出かけています♪
今回は雲海こそ出ませんでしたが、その代わりに天上界と地上界の間で輝く、クリーム色の雲が主役でした(富士上方に輝くのは、うしかい座のアークトゥルスです)!
(E-M5 MZD12mm F2.8 ISO800 ; カノープスは5sec×14枚&20枚の比較明合成、富士山は30secの固定撮影)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-11-15 10:56 | 星座 | Comments(10)

夏から秋への天の川

芭蕉が「荒海や 佐渡に横たふ 天の河」を詠んだのは、丁度新暦での8月中~下旬なのだそうです。
この時期の天の川は天空を二分するように西の空を横切りますが、この光景があの名句へのインスピレーションを与えたのかもしれない、との推測は十分に成り立つように思えます。
そして画面右やや上にM31が見えますが、最初画像をカメラの背面モニターで確認した時には雲かと思いました!
超広角レンズでもこれだけ立派に写るとは、ビックリです☆

e0344621_11361505.jpg
(D810A AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED F4  ISO1600 ステライメージ7にて3min ×4枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド )


にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2016-08-29 11:40 | 星座 | Comments(8)

はくちょう~ケフェウス座の天の川

梅雨明け後にしては、何ともはっきりしない天気が続いています。
今週末からの新月期には、きれいに晴れ上がった夜空で天の川が見えることを期待したいものです。
さてもう残り僅かな在庫から、今回は「はくちょう座~ケフェウス座」にかけての美しい天の川です。
北アメリカ星雲~ケフェウス座のIC1396に広がる複雑な暗黒星雲が見事ですね☆
このように天頂近くの対象に露出をたっぷりかければ、静岡市街からの光害の影響のある俵沢でも、かなり写ってくれることが分かります♪
e0344621_21403291.jpg


(EOS60Da EF35mm F1.4L II USM F1.4→3.2 ISO1600 ステライメージ7にて3min ×16枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド・トリミングあり・葵区俵沢にて)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-07-26 21:24 | 星座 | Comments(8)

いて~たて座の天の川

毎年この時期になりますと、夏の天の川が立ち上がるように見えます。
このいて座~たて座の領域には実に多くの星雲星団がひしめき合っているので、写真の対象に事欠きません。
この写真は抜群に透明度の良かった先週の撮影ですが、複雑な構造を見せる微光星の塊が美しいです。
次回はこの星域を、空のもっと暗い新観測地で狙ってみたいと思います☆
e0344621_14564870.jpg

(共通データ:EOS60Da EF35mm F1.4L II USM F1.4→3.2 ISO1600 ステライメージ7にて2min ×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド・トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-07-11 14:57 | 星座 | Comments(12)

大小のひしゃく

今年は梅雨の中休みのチャンスを二度逃してしまい、いよいよ在庫が底を尽きそうです(汗)。
と言うわけで、とっくに賞味期限は切れておりますが、3月に撮った北天グルグルです。
丁度水平に通過した飛行機がアクセントになりました↓
e0344621_8185974.jpg

この撮影地は北天の条件が良いので、10sec露出単独でも結構星が写っていてビックリ!
こぐま座の小ひしゃくの作図は、星図と照らし合わせながらの作業でした^^↓
e0344621_8191769.jpg

(E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm、F2→2.2、ISO 800、10sec×75コマを、ステライメージ7にて比較明合成&編集)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-06-30 08:20 | 星座 | Comments(8)

はくちょう座の天の川

夏の天の川は撮りどころ満載です。
このはくちょう座付近も、赤い星雲+暗黒星雲の複雑な文様が印象的な星域です。
この夜は透明度が良く、また対象が天頂近かったので、いつもの安倍川の河原からでも、十分に写ってくれました♪
そして写真を撮りながら双眼鏡でこの天の川をボーっと眺めている時間が、私にとっての最高の気分転換です☆
e0344621_7591018.jpg

(EOS60Da EF35mm F1.4L II USM F1.4→3.2 ISO1600 ステライメージ7にて3min ×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-05-30 08:00 | 星座 | Comments(10)

夏の天の川

このGWには観測に適した夜が二度ほどあったのですが、どうしても予定が合わなくて、当初予定していた安倍奥遠征は延期になってしまいました。
それでも一晩だけ2時間ほど時間が取れたので、いつもの近場への速攻で数カット撮影してきました。
これはそのうちの一枚で、北アメリカ星雲~バンビの横顔までの天の川を、対角線の構図に収めました☆
e0344621_16004.jpg

(EOS60Da ISO1600 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED F4 ステライメージ7にて2min ×4枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-05-07 16:00 | 星座 | Comments(8)

LEICA DG SUMMILUX 25mm によるオリオン座

夏に白鳥座を写した時から、その優れた性能に驚いている、LEICA DG SUMMILUX 25mm。
今回のオリオンのショットでも、四辺の像の乱れがほとんどなく、とても気持ちのよい描写に満足です!
さらに色再現性も自然で、楽しみながら星座を撮影するが出来る、お薦めのレンズの一つです☆
(E-M5 LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4→4 ISO1600 2min x4枚コンポジット スカイメモRにてノータッチガイド)
e0344621_13485218.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-12-20 13:49 | 星座 | Comments(2)

冬の天の川

冬の天体ショーの一つ、ふたご座流星群。
特に今年はここ数年間では最高の条件となるので、先日下見に行ってきました。
画面左下に静岡市の光によるカブリが出ますが、今回はこの構図でいってみることにしました。
極大の15日未明に流星が何個写せるか、楽しみです♪
(EOS60Da ISO1600 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED F2.8 14mm端で撮影 2minx4枚コンポジット スカイメモRにてノータッチガイド)
e0344621_11401576.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-12-10 12:23 | 星座 | Comments(4)