カテゴリ:星雲星団( 102 )

燃える木星雲と馬頭星雲

この連休は、やっとのことで新月期の好天に巡り合えました。
そこで今が旬の冬の星雲星団をいろいろ撮りましたので、処理が終わった順にUPしていきたいと思います。
その第一弾は、オリオン座の「燃える木星雲」(輝星のすぐ左下)と「馬頭星雲」(画面中央やや右下の黒いシルエット)です。
ところでこの「燃える木星雲」(NGC2024)って、これ単独でも十分に撮影の対象となる、迫力のある天体だと思います。
それが有名な「馬頭星雲」と並んでいるわけですから、この構図、天空での最も豪華で美しい組み合わせの一つと言えましょう☆
(EOS60Da PROMINAR 500mm F5.6 + TX07補正レンズ使用にて、f=350mm、F4 ISO 1600 1min X16枚コンポジット スカイメモRによるノータッチガイド トリミングあり)
e0344621_2122361.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-01-13 21:21 | 星雲星団 | Comments(6)

バラ星雲

冬の天の川に咲く、一輪のバラ。
今回は撮影中の気温低下による微妙なピントの移動があり、やや星像が甘くなりました。
それでもフィルム時代には手の届かなかった対象が、(出来栄えは別として)このようにゲット出来ることに驚いています!
(AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED EOS60Da ISO1600 60sec x 16枚コンポジット スカイメモRによるノータッチガイド トリミングあり)
e0344621_116932.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-01-06 11:07 | 星雲星団 | Comments(4)

オリオンー三ツ星からM42にかけてー

天文ファンを魅了し続けている、オリオン座の三ツ星~M42領域。
その色彩感溢れる星雲や星々の華やかさゆえ、私も一シーズンに数回は、レンズを向けてしまいます。
ところでその美しさとともに印象的なのが、人工衛星の多さです!
どうもオリオン大星雲付近は天空の銀座通りのようでありまして、次から次へと行き交う人工衛星にはホント閉口します(この画像でもM42のど真ん中を少なくとも3基の人工衛星が貫いています)!
宇宙空間がビジネスの対象になる時代とは言え、天体撮影で「開かずの踏み切り」状態を経験するとは、夢にも思いませんでした!
(EOS60Da Apo-Sonnar T* 135mm F2→4.0 ISO1600 2minX8枚コンポジット スカイメモRにてノータッチガイド)
e0344621_13203327.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-12-13 11:53 | 星雲星団 | Comments(4)

試行錯誤のM31

いつものプチ遠征スポットは西空の条件が良いので、夜半に天頂から西に傾きかけるこの時期が、M31を撮影するチャンスです!
しかし何度かチャレンジするも、気温差によるピントの移動や結露に阻まれ、満足のいくコマ数を稼げない日々が続いています。
この夜も総露出一時間を目指しましたが、スカイメモの追尾打率不振のため、処理可能なショットは16枚に留まりました。
こんな試行錯誤の連続ではありますが、美しいアンドロメダが撮れるまで、安倍奥通いは続きます^^
(EOS60Da PROMINAR 500mm F5.6 + TX07補正レンズ使用にて、f=350mm、F4 ISO 1600 1min X16枚コンポジット トリミングあり)
e0344621_074428.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-12-06 00:08 | 星雲星団 | Comments(4)

M42とランニングマン星雲

先週末の新月期は日曜の夜になって突如晴れ間が!
そこで急遽、いつものスポットに出掛けて撮影したのですが・・。
無念にも撮影開始10分も経たない間に薄雲が押し寄せてきてしまい、早々と退散してきました。
ところで今回は無謀にもプロミナーをスカイメモに搭載させるという試みでした。
案の定露出は30秒がやっとでしたが、それでも2分でランニングマン星雲が写ったので嬉しいです♪

M42と上方にNGC1977(ランニングマン星雲)です↓
ISOも3200でしたので、かなりノイジーな画像になってしまいました。
今冬はじっくりと、このオリオン・エリアの長時間露出にトライしたいです!
(EOS60Da PROMINAR 500mm F5.6 + TX07補正レンズ使用にて、f=350mm、F4 ISO 3200 30sec X4枚コンポジット )
e0344621_10595120.jpg


ランニングマン星雲の拡大です。
M42上方の青い星雲中の暗黒星雲が、ちょうど人が走っているような形に見えるということで、この名があります↓
e0344621_1135936.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-11-19 11:12 | 星雲星団 | Comments(6)

M45(プレアデス星団)

せっかくの新月期ですが、残念ながら雨の週末になってしまいました。
そこで今夜は、先日撮影したM45(プレアデス星団)を、のんびり処理してみました☆
ところで星野写真で一番使っているApo-Sonnar ですが、F4.0まで絞りますと画面の隅々まで実に気持ちの良い写りを見せてくれます。
フルサイズでも是非、試してみようと思います!
(EOS60Da Apo-Sonnar T* 135mm F2→4.0 ISO1600 2.5minX4枚コンポジット)
e0344621_211275.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-11-14 21:13 | 星雲星団 | Comments(4)

カシオペアM52付近の散光星雲群

以前から気になっていた、カシオペアの散開星団M52(画面中央やや左)付近です。
この領域は、クワガタ星雲(画面下中央)をはじめ、バブル星雲、洞窟星雲さらには無名の散光星雲が広い範囲に広がっていて、非常に美しいです☆
これらの星雲を長焦点で撮れたら、きっと素晴らしいでしょうね!
(EOS60Da Apo-Sonnar T* 135mm F2→2.8 ISO1600 2.5minX4枚コンポジット)
e0344621_22395015.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-10-31 22:40 | 星雲星団 | Comments(4)

二重星団とハート&胎児星雲

秋の天の川の見所の一つが、カシオペア座とペルセウス座の中間で隣接する二重星団です(画面左)。
そしてその北東に位置する二つの散光星雲とのコントラストが素晴らしく、絶好の被写体になります。
この散光星雲ですが画面右上が「胎児星雲」(IC1848)、そして右下が「ハート星雲」
(IC1805+1795)と呼ばれています。
ところでこのちょっとねじれた「ハー」トですが、友人のalpaprismaさんが「スズムシ星雲」と呼んでいました!
この領域を撮影する時は確かに秋の虫が鳴いているので、ピッタリな表現だと思います。
そして「スズムシ」君を見やすくするために、画面右が北になるように編集してあります。
(EOS60Da Apo-Sonnar T* 135mm F2→2.8 ISO1600 2.5minX4枚コンポジット 若干のトリミングあり)
e0344621_8101364.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-10-22 08:12 | 星雲星団 | Comments(4)

秋の天頂の二つの「さんかく」

アンドロメダ座のお隣さんである、さんかく座。
3等星と4等星が細長い三角形を形成する小さな星座ですが、周辺に明るい星がないので比較的見つけやすいです(Fig.1 の小さな三角形)。
そしてこの星座の見どころが、M33という系外銀河です(さんかく座の頂点のやや右下)。
アンドロメダのM31(右下の大きな銀河)があまりにも有名ですが、このM33も実に見事な銀河でして、中望遠レンズでもしっかりその渦構造を確認することが出来ます(Fig.2 を参照下さい)。
ところでタイトルにある二つ目の「さんかく」とは、このM33とアンドロメダ座の散開星団NGC752を底辺とし、系外銀河の王M31を頂点とする、これまた細長い二等辺三角形のことでした(Fig.1 の大きな三角形)。
この付近を写真に撮ると浮かび上がってくる、この大きな三角形がいつも気になっていたのです☆

(Fig. 1 さんかく~アンドロメダ座付近:EOS60Da EF35mm F1.4L II USM 
F1.4→3.2 ISO1600 2.5minX4枚コンポジット)↓
e0344621_10124269.jpg


(Fig. 2 M33:EOS60Da Apo-Sonnar T* 135mm F2→2.8 ISO1600
2minX4枚コンポジット トリミングあり)↓
e0344621_1013370.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-10-18 10:14 | 星雲星団 | Comments(4)

アンドロメダ銀河~長時間露出のつもりが~

秋の澄んだ夜空に、アンドロメダ銀河が撮り頃です。
今年2回目の挑戦は長時間露出のはずでしたが、この夜はスカイメモの機嫌が悪く、打率も3割台と低迷。
やはりライカ換算480mmにもなりますと、1分以上の露出時間は厳しいです。
それでも、どうにか使えるショット16コマを選び出して、画像処理をしてみました。
(AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED EOS60Da ISO1600 1.5min x 16枚コンポジットで計12min トリミングあり)↓
e0344621_1718181.jpg

銀河中央部が、完全に飽和しまくっていますね!

そこで少しでも軽減できないかと、デジタル現像を追加しました↓
e0344621_17204280.jpg

う~ん・・何だか少し画像が眠くなってしまったようです(色合いもおかしいし・・)。
でも天体写真って、本当に楽しいですね☆
というわけで、今後も永遠の課題であるアンドロメダへの挑戦は続きます^^

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-10-01 18:08 | 星雲星団 | Comments(4)