カテゴリ:星雲星団( 108 )

オメガ星団

先日の建国記念日は、快晴+新月期という絶好の星見の条件となりました。
今回は春の系外星雲をメインに写真を撮ってみましたが、圧巻はオメガ星団でした。
見かけは満月より大きいというこの球状星団。
静岡市の光などもろともせずに低空で赤く光るその姿は、何か深海の生き物のような印象でした。
長い間星を眺めてきましたが、こんなに興奮したのは久しぶりです☆
(EOS60Da  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→5 ISO1600 ステライメージ7にて30sec X2枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)
e0344621_8121483.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-02-13 08:16 | 星雲星団 | Comments(8)

かもめ星雲とM50

冬の大三角形の中に位置するいっかくじゅう座は、その形こそ目立ちませんが星雲星団の宝庫です。
今回の散光星雲IC2177もまた、おおいぬ座との境界上で赤く輝いており、その姿が鳥のように見えることから、日本では「わし星雲」、海外では「かもめ星雲」と呼ばれているようです。
個人的には「かめも」の名称が気に入っていますが、さらにあのM42が羽を広げたようにも思えてなりません。
それと上方に見える散開星団はM50です。
このあたりは天の川の中なので微光星も多く、それらとのコントラストも美しいです☆
(EOS60Da  Apo-Sonnar T* 135mm F2→3.2 ISO1600 ステライメージ7にて2minX8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド)
e0344621_821029.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-02-10 07:56 | 星雲星団 | Comments(6)

バラ星雲からいっかくじゅう座S星にかけて

久しぶりの雨で、夜空の様子を気にすることもなく、画像処理に集中できる毎日です♪
今回はいっかくじゅう座のバラ星雲からS星(15番星)にかけての、冬の天の川を撮ってみました↓
e0344621_18204572.jpg

それにしても美しい星々の饗宴です。
当然のことながら構図が窮屈、人工衛星の通過、赤い星雲の描出が今一つ・・などなど問題点はありますが、今期にもう一度チャレンジしたいという気にさせる、魅力に満ちた星域です!

さらに画面右上の部分を拡大してみますと・・↓
e0344621_18212133.jpg

S星付近の大きな赤い星雲(NGC2264)と画面右下の青白い星雲(IC2169)の間に黄色の散開星団(?)があり、それぞれの色の対比がとても美しいです。
でも不思議なことに、この黄色の星の集団にはカタログナンバーがありません。
星団ではないのでしょうか?
(EOS60Da  Apo-Sonnar T* 135mm F2→3.2 ISO1600 ステライメージ7にて2minX8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-01-30 18:25 | 星雲星団 | Comments(6)

M35付近

今が旬の冬物第三弾は、ふたご座カストルの左足にひろがる星雲星団達です。
冬の天の川の煌めく微光星の中に、散開星団M35とNGC2158(こちらは一見球状星団風)、そして赤い星雲が集中する光景は見ごたえ十分です☆
ちなみにIC443は別名くらげ星雲、そしてNGC2174はモンキー星雲とも呼ばれています。
e0344621_84019.jpg


ここで今年の干支の申にちなんで、モンキー君を拡大して赤を強調しますと↓
e0344621_8401898.jpg

ちょっと例えが古くなりますが、手塚治虫さんの「悟空の大冒険」に出てくる、主人公の横顔に見えてくるような気がしますが・・(汗)。
(EOS60Da  Apo-Sonnar T* 135mm F2→3.2 ISO1600 ステライメージ7にて2minX8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-01-27 08:48 | 星雲星団 | Comments(6)

魔女の横顔星雲

今が旬の冬物第二弾は、通称「魔女の横顔」星雲(IC 2118)です。
オリオン座のバーナードループがリゲルの下方で途絶えかけたところから、急に雲が湧き上がったように見える散光星雲です↓
e0344621_1026550.jpg


そしてなぜ「魔女」なのかは、画面をさかさまにして星雲を強調してみますと・・↓
e0344621_10262976.jpg

大きな口、高い鼻、そして窪んだ眼でリゲルを見つめる、魔女の横顔が想像出来ますでしょうか?
そして私には、ちょっと怖くなった花○石鹸のロゴマークのようにも見えるのです☆
(EOS60Da EF100mm F2.8Lマクロ IS USM F2.8→4.0 ISO1600 2minX16枚コンポジット スカイメモRにてノータッチガイド)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-01-24 10:28 | 星雲星団 | Comments(6)

M81&82付近

先日のカタリナ彗星撮影行の際、おおぐま座のM81&82も撮影してみました。
この領域はM81銀河団と呼ばれ、30個程の銀河から構成されているとのこと。
今回の撮影でもM81の画面右と下に、可愛らしく写る銀河が確認出来ます♪
漆黒の宇宙に浮かび上がる、島宇宙ファミリーの集合写真です☆
(E-M5 MZD40-150mm /F2.8→3.2 150mmにて撮影 ISO1600 2min x4枚コンポジット スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)
e0344621_9235043.jpg


こちらは定番のM81&82のツーショットです。
優雅な腕のM81と爆発する銀河M82のコントラストは、いつみても神秘的ですね!
e0344621_9241043.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-01-20 09:26 | 星雲星団 | Comments(6)

燃える木星雲と馬頭星雲

この連休は、やっとのことで新月期の好天に巡り合えました。
そこで今が旬の冬の星雲星団をいろいろ撮りましたので、処理が終わった順にUPしていきたいと思います。
その第一弾は、オリオン座の「燃える木星雲」(輝星のすぐ左下)と「馬頭星雲」(画面中央やや右下の黒いシルエット)です。
ところでこの「燃える木星雲」(NGC2024)って、これ単独でも十分に撮影の対象となる、迫力のある天体だと思います。
それが有名な「馬頭星雲」と並んでいるわけですから、この構図、天空での最も豪華で美しい組み合わせの一つと言えましょう☆
(EOS60Da PROMINAR 500mm F5.6 + TX07補正レンズ使用にて、f=350mm、F4 ISO 1600 1min X16枚コンポジット スカイメモRによるノータッチガイド トリミングあり)
e0344621_2122361.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-01-13 21:21 | 星雲星団 | Comments(6)

バラ星雲

冬の天の川に咲く、一輪のバラ。
今回は撮影中の気温低下による微妙なピントの移動があり、やや星像が甘くなりました。
それでもフィルム時代には手の届かなかった対象が、(出来栄えは別として)このようにゲット出来ることに驚いています!
(AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED EOS60Da ISO1600 60sec x 16枚コンポジット スカイメモRによるノータッチガイド トリミングあり)
e0344621_116932.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-01-06 11:07 | 星雲星団 | Comments(4)

オリオンー三ツ星からM42にかけてー

天文ファンを魅了し続けている、オリオン座の三ツ星~M42領域。
その色彩感溢れる星雲や星々の華やかさゆえ、私も一シーズンに数回は、レンズを向けてしまいます。
ところでその美しさとともに印象的なのが、人工衛星の多さです!
どうもオリオン大星雲付近は天空の銀座通りのようでありまして、次から次へと行き交う人工衛星にはホント閉口します(この画像でもM42のど真ん中を少なくとも3基の人工衛星が貫いています)!
宇宙空間がビジネスの対象になる時代とは言え、天体撮影で「開かずの踏み切り」状態を経験するとは、夢にも思いませんでした!
(EOS60Da Apo-Sonnar T* 135mm F2→4.0 ISO1600 2minX8枚コンポジット スカイメモRにてノータッチガイド)
e0344621_13203327.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-12-13 11:53 | 星雲星団 | Comments(4)

試行錯誤のM31

いつものプチ遠征スポットは西空の条件が良いので、夜半に天頂から西に傾きかけるこの時期が、M31を撮影するチャンスです!
しかし何度かチャレンジするも、気温差によるピントの移動や結露に阻まれ、満足のいくコマ数を稼げない日々が続いています。
この夜も総露出一時間を目指しましたが、スカイメモの追尾打率不振のため、処理可能なショットは16枚に留まりました。
こんな試行錯誤の連続ではありますが、美しいアンドロメダが撮れるまで、安倍奥通いは続きます^^
(EOS60Da PROMINAR 500mm F5.6 + TX07補正レンズ使用にて、f=350mm、F4 ISO 1600 1min X16枚コンポジット トリミングあり)
e0344621_074428.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2015-12-06 00:08 | 星雲星団 | Comments(4)