カテゴリ:星雲星団( 86 )

M39とまゆ星雲

先週土曜日は、梅雨明け後最高に透明度の良い夜空となりました。
ただ当日は出張で帰宅が遅くなったため、遠出は諦めいつもの安倍川上流で撮影してきました。
(ご近所の星仲間の皆さんは、馬込に行かれたのでしょうか?)
さて今回は、はくちょう座の北のはずれ、とかげ座との境界付近に位置する、M39とまゆ星雲(IC5146)です。
M39は地味な感じの上、天の川を背景にしているため、微光星に埋もれてはっきりしません。
一方まゆ星雲は丁度暗黒星雲の端にあるため、その赤がとても印象的に写ります☆
なお画面下(68番星付近)にもHII領域が認められ(名前は不明)、カラフルな画面構成が楽しめます↓
e0344621_16415888.jpg

(EOS60Da  Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600 ステライメージ7にて2min X8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

300mmでも狙ってみましたが、残念ながら繭のように見えるには、まだまだ焦点距離が足りなそうです↓
e0344621_16421913.jpg

(EOS60Da  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて2min X8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-08-01 17:44 | 星雲星団 | Comments(8)

M8~バンビの横顔付近の天の川

2週前の撮影分から、定番のM8~バンビの横顔付近です。
この夜は透明度こそ良かったものの、やはり市街地の灯りの影響で背景がどうしても青みがかってしまいました。
次回の山への遠征では、またこの星域は撮影する予定なので、どれだけ改善されるのか今から楽しみにしているところです☆

e0344621_991717.jpg

(EOS60Da  Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600 ステライメージ7にて2min X8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

そしてこちらはM8、M20、M21のおなじみのショットです↓
e0344621_995160.jpg

(EOS60Da  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて2min X16枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-07-18 09:10 | 星雲星団 | Comments(8)

あれい状星雲(M27)

日曜日の夜は、久しぶりの快晴になりました。
2時間程でしたが、私にとっては約2ヶ月振りに星見が出来て、気持ちの良い週のスタートです♪
そして今回UPするのは、有名な「あれい状」星雲(M27)です。
こぎつね座という目立たない星座にありますが、写真のようにM字にならぶ「小カシオペア!」が光学ファインダーで確認出来ますので、導入は簡単です!
M字の一番右の12番星の近くで輝く、NGC6830も可愛いです☆
e0344621_955686.jpg


そしてM27の拡大です↓
e0344621_8223264.jpg

(EOS60Da AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて2min X16枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-07-05 08:24 | 星雲星団 | Comments(10)

M57(リング星雲)

この時期、夏の天の川が昇ってくるまでの時間にレンズを向けるのが、夏の大三角形付近の星雲星団です。
特にこのM57はこと座のβ、γ星の間に位置し、導入が容易なこともあり、シーズン中何度も撮影してしまいます。
ただ300mmでは、かなり小さなリング状にしか写らないのが残念です!
e0344621_1971082.jpg

(EOS60Da  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて2min X4枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-06-27 19:07 | 星雲星団 | Comments(8)

しし座のもう一つの銀河トリオ

今回も残り少なくなったストックから、しし座のもう一つの銀河トリオと言われている、M95、M96、M105です。
M65、M66、NGC3628からなる、本家のトリオに比べますとやや小型で暗い銀河群ですが、M105の付近ではさらなる小トリオを形成していまして、なかなか見応えのある星域です。
e0344621_0422661.jpg

ところで楕円銀河のNGC3384ですが、大きさ&明るさともに隣のM105とほぼ同じであるにも関わらず、メシエカタログに登録されていないのが不思議です☆
(EOS60Da  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて2min X8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-06-17 00:36 | 星雲星団 | Comments(8)

コートハンガー星団 (Cr 399)

この一ヶ月間、仕事休みとのタイミングが合わなくて、星の写真が撮れていません。
そこで今回は、GWに撮影したストックから、こぎつね座付近に広がる天の川です。
こぎつね座と言えば亜鈴状星雲(M27)が有名ですが、それ以外にも小さな散光星雲や散開星団そして複雑な暗黒星雲が存在していて美しいところです。
そしてその一つが、画面中央のまばらな散開星団、Cr399です。
これを双眼鏡で眺めると東西にきれいに一直線に並んだ6個の星と,その南側に隣接して作られる、小さなひしゃくのような四角形が印象的です↓
e0344621_1127204.jpg


さらに画像を回転してみますと、この星団の形から、海外では「コートハンガー」というニックネームで呼ばれているのが分かります↓
e0344621_11273970.jpg

それにしても、このきれいな星の並びには、いつも感心してしまいます☆
(EOS60Da EF100mm F2.8 Lマクロ IS USM F2.8→4 ISO1600 ステライメージ7にて2min×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-06-10 12:15 | 星雲星団 | Comments(9)

マルカリアン・チェーン

おとめ座からかみのけ座にかけての星域には、たくさんの系外銀河が存在していますが、特にM84、86付近はおとめ座銀河団のもっとも賑やかなところです。
そして写真で番号をふった銀河集団は、なめらかな弧を描く曲線状に乗って見えるので、研究者の名にちなんで、「マルカリアン・チェーン」または「マルカリアンの銀河鎖」と呼ばれています。
我々の想像を超えた宇宙のロマンを感じさせる、なんとも美しい命名ですよね↓
e0344621_627677.jpg

ところでこの領域は明るい星がないので、望遠レンズ+自由雲台で手動(+勘!)導入するのは結構大変です。
それでも幾度か失敗を繰り返すうちに、ある特徴的な星の並びに気が付きました。
今では毎回、試し撮りをした段階で、モニター上にこの「マルカリアン・フェース(人の顔)」を確認することにしています^^↓
e0344621_6241239.jpg

左右の眼はそれぞれM84と86。
鼻、口そして右眉毛も、それぞれNGC4387、4388、4402と全て系外銀河が対応します。
なお残念ながら左眉毛はありませんが、これは大目に見て下さい!

(EOS60Da  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて2min X8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-06-01 00:36 | 星雲星団 | Comments(10)

アンタレス付近と火星

GW期間中に撮影したアンタレス付近ですが、この日は湿度が高かったせいか、パープルフリンジ+赤カブリが盛んに出てしまい、補正に悪戦苦闘させられました。
その結果、全体的にコントラストの低い画像になってしまいましたが、それでも赤、オレンジそして青の星雲が一応確認出来て嬉しいです!
そして画面右上の火星!
中接近とは言え、眩しいほどの輝きです。
次の新月期には、是非標高の高い安倍奥の林道から狙ってみたいと思いますが、梅雨が心配です。
e0344621_1040331.jpg

(EOS60Da  Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600 ステライメージ7にて2min X16枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-05-20 10:41 | 星雲星団 | Comments(10)

M13とNGC6207

透明度が抜群に良かった、先週の小遠征。
射手座が上ってくる間、丁度ヘルクレス座が南中に近かったので、M13にチャレンジしました。
この北天一の美しさを誇る球状星団は何度も撮影していますが、この夜は撮影画像を拡大確認中に、何やら紡錘状の天体を発見!
一瞬ガイドミスかと思いましたが、星図を確認しましたら、NGC6207という光度
11.7等級の系外銀河だと分かりました。
その後過去のファイルを確認しましたが、かすかにそれらしい痕跡がある程度で、気が付かなかったのも当然かと思いました。
やはり天体の撮影は、「透明度の良い夜の南中を狙う」のが鉄則ですね!
e0344621_9441265.jpg

(EOS60Da  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて2min X8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-05-16 09:46 | 星雲星団 | Comments(8)

S字状暗黒星雲(B72)

先日のプチ遠征から、今日はS字状暗黒星雲(B72)です。
へびつかい座南部のθ星(写真中央やや右下の明るい星)付近は暗黒星雲の宝庫です。
この夜も画面左下の静岡市街からの光害をものともせず、微光星の中に複雑に絡む黒い文様をとらえることが出来ました!
そしてそのような暗黒星雲の中でも特に印象的なのが、図鑑などでも有名な「S字状暗黒星雲」です。
θ星のやや北(画面では上)に小さく可愛い「S字」が確認出来ます!
(画像をクリック&拡大願います!)
e0344621_829385.jpg

またはこちらのトリミング画像でご覧下さい↓
e0344621_8295359.jpg

(EOS60Da EF100mm F2.8 Lマクロ IS USM F2.8→4 ISO1600 ステライメージ7にて1min×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-05-11 08:31 | 星雲星団 | Comments(10)