カテゴリ:星雲星団( 86 )

バブル星雲(NGC7635)

このところ満月期のうえ悪天が続いていますので、撮影行のことは何も心配しないで、ひたすら画像処理に集中出来ます。
今回はカシオペアとケフェウス座の境界付近ですが、このあたりは天の川の微光星を背景に、M52を始めとする散開星団や美しい散光星雲が集中していて、撮影がとても楽しい星域です↓
e0344621_23231970.jpg

そしてその中でも、以前から一度撮りたかったが、バブル星雲(NGC7635)です。
300mmで確認できるのかちょっと不安でしたが、M52とともに拡大してみますと、
無事にポケモンボールのような泡が確認出来ました^^↓
e0344621_23234536.jpg

(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて3min ×9枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-09-19 23:25 | 星雲星団 | Comments(10)

写真写りの良いカシオペア座のNGC7789とNGC281

秋の北空に輝くカシオペア座付近は、銀河の微光星を背景にとっても華やかです☆
ところでそのM(またはW)の星列は北極星を探す指標としてもおなじみでありますが、これが写真に撮りますと(星の並びが)ちょっと分かりにくくなります↓
e0344621_942764.jpg


実はβ星の南西3度ほどのところに、散開星団NGC7789(実視等級9.6等)があるのですが、これが標準~広角レンズですと、あたかも恒星のように写ってしまうのです↓
e0344621_9422471.jpg

この星団を構成するのは11等前後の星々ですが、その数2~300個に及びかつ集中度が高いので、カメラの目には画面左下のM52(実視等級6.9等)は言うに及ばず、β星(2.2等)にも迫る明るさになるようです!
残念ながら私の7×50の双眼鏡では星雲?状にしか見えませんが、一度空の良いところで大口径の望遠鏡で眺めてみたいと思っている散開星団の一つです。
一方α星の東2度ほどに位置するのが、散光星雲NGC281。
こちらも肉眼では見えませんが、写真にしますとその赤い星雲が簡単に写ります。
この夜は露出途中で雲が出てしまい6分の露出にとどまりましたが、天体写真愛好家から「パックマン星雲」とも呼ばれる、その独特な姿を捉えることが出来ました☆↓
e0344621_943015.jpg

(カシオペア座→ SIGMA 50mm DG HSM Art F1.4→3.2 4min×4=16min露出;NGC281→AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 2min×3枚露出;共通データ→ D810A ISO1600 ステライメージ7にてコンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-09-16 09:46 | 星雲星団 | Comments(10)

アイリス星雲(LBN487)

夜半の好天を期待していた週末でしたが、結局星撮り可能な夜は、金曜のみでした。
当日は仕事で帰りが遅くなりましたが、この機会を逃しますと10月までチャンスがありませんので、速攻でいつもの安倍川河川敷までのプチ遠征です。
そして今回の対象には、私には難易度の高そうな、ケフェウス座の散光星雲・アイリス星雲(LBN487)を選びました。
途中予期せぬガスの発生や雲の通過がありまして30分しか露出出来ませんでしたが、それでも「漆黒の宇宙に咲く青い花(Iris=あやめ)」のイメージをちょっとは表現出来たのでないかと思います☆
ところでこの星雲、ちりとガスからなる低温の星間雲で、自身は発光せず、近傍の恒星からの光を反射しているのだそうです。
さらに星雲の周囲を囲むように、何やら分子雲のようなものも見えます。
次回は是非、最低1時間露出でトライしてみたいと思います。
こうして、D810A+300mm+ポタ赤による挑戦は、まだまだ続きます♪
e0344621_12331810.jpg

(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて3min ×10枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-09-11 12:34 | 星雲星団 | Comments(10)

や座のM71とHarvard20

夜空の季節は秋~冬に移行しているとは言え、まだまだ夏の星雲星団も撮り頃です。
特にホームグラウンドにしている河川敷は南東の空が明るいので、あえて星々が南中を越えて西に傾きかけた頃を見計らって撮る対象が結構あります。
そして今回のや座もその一つでありまして、特徴的な星の並びが丁度フルサイズ+300mmで収まりました!
まあ偶然とは言え、同じような光度の4つの星が矢の形に揃ったものだと感心します。
さてこのような小さな星座ではありますが、星雲星団ファンにとっては、まずM71という球状星団が気になるところです。
実視等級は8.4等ですが、球状星団としてはかなりまばらで写真写りも良く、星座を構成する3~4等星と同様の明るさに写ります↓
e0344621_17331537.jpg


さらにこのM71付近を拡大しますと、南東すぐのところに、これまたまばらな散開星団、Harvard20が確認出来ます↓
e0344621_17334134.jpg

このHarvardという星団カタログは初めて目にしたので、ちょっとネットで調べてみましたら、1930年にアメリカの天文学者H.シャプレー(1885-1972)が発表した、"Star Clusters"という本が元になっていて、もともと21個の星団があるそうです。
そのうちNGC分類等と重複しているものを除いて10個がHarvardの名前で呼ばれますが、半分は南天でしか見えないようです。
それにしても天の川近くの微光星の多い領域にもかかわらず、この星の並びを星団と決定出来る観察力には驚きです。
(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて3min ×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-09-08 17:35 | 星雲星団 | Comments(8)

はくちょう~ケフェウス座境界部の散開星団(NGC6939)と系外星雲(NGC6946)

このところ夜が長くなってきましたので、天体観測には絶好のシーズン到来です!

そして今週からは待望の新月期ですので、晴れ間を狙っていつもの星見ドライブに出掛けました。

さて今回のターゲットは、はくちょう~ケフェウス座境界部に位置する、散開星団(NGC6939・画面上)+系外星雲(NGC6946・画面下)のペアーです。

私が参考にしている及川聖彦氏の星雲星団フォトアルバムには、「ある程度の大きさの系外星雲が銀河方向に見えるのは希であり、しかもそのすぐ近くに散開星団があることは偶然である」とあります。

というわけで早速レンズを向けてみますと、視直径および光度がほぼ同じ位の天体が、1度ほどの間隔で写りました!

ただ今回は突然の雲の襲来+ミラーアップ後の共振による画像のズレ?など課題が残ってしまいましたので、この興味深い対象には今後再度トライしてみたいと思います!

ところで一昨日、現地で星仲間の方と初めてお会いすることが出来ました!

星や撮影機材のお話は尽きることなく、そしてまるで学生時代に戻ったような不思議な感覚になりました

星見には気分転換のみならず、若返りの効果もあるようです^^

e0344621_14121670.jpg

EOS60Da  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED ISO1600 ステライメージ7にて2min X10枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)


にほんブログ村
[PR]

by dr_piano | 2016-09-01 11:51 | 星雲星団 | Comments(10)

はくちょう座の網状星雲

はくちょう座が天頂付近を通過する頃合を見計らって、今年も網状星雲に挑戦です☆
重量級の恒星が爆発した名残と言われる星雲ですが、 星の最期を彩る赤と青のフィラメント構造の複雑な絡み合いが、とても神秘的です♪
e0344621_10151615.jpg

(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて3min ×10枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-08-24 10:36 | 星雲星団 | Comments(8)

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF EDによる IC1396 とレビュー

「IC1396」は、はくちょう座から連なる秋の天の川の中、ケフェウス座の南方向に位置する大きな散光星雲です。
今回は32分の露出で、星雲内部の複雑な暗黒星雲の分布もわかるようになりました☆
ところでこのレンズを天体撮影に使い出して約1年余りになるので、ここで簡単にレビューしてみたいと思います!

<良い点>
1)軽量コンパクトで、スカイメモに搭載しても3~4分のノータッチガイドが可能!
2)解像度が高いこと。
とにかく300mm望遠レンズで手軽に天体の追尾が出来るので、撮影のバリエーションが拡がりました^^

<気になる点>
1)輝星がややいびつで、肥大した星像になること。
2)その際に画面にフレアが発生しやすいこと。
今回の画像でも星雲の右上に位置する「ガーネット・スター」や画面左上の輝星にその傾向が見られますが、そもそもこれらは位相フレネルレンズの特徴なのですよね♪
さらにこれらの現象は輝星が写野に入る天体撮影において気になるのであって、鳥撮影などの一般撮影では何ら問題のない、そして極めてコントラストの高い画像を得ることが出来ることを、追記したいと思います!
e0344621_19144717.jpg

(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて4min ×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-08-19 19:21 | 星雲星団 | Comments(8)

北アメリカ星雲とペリカン星雲

今年こそペルセウス流星群を捉える予定が、今週後半になってあいにくの天気となってしまいました。
それでも今夜半の空に一縷の望みを託し、撮影機材一式を車に載せてはみましたが・・。
先程から無情にも小雨が降りだしました。
と言うわけでありまして、この週末はリオ五輪を観戦しながら新システムでの画像処理をのんびりやっていくつもりです♪
今回はその第二弾で、北アメリカ星雲とペリカン星雲、そしてその南に位置するIC5068です。
天体向けのセンサーだけあって、赤い星雲の発色もまた素晴らしいと思います。
e0344621_22261781.jpg

(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて3min X9枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-08-13 22:27 | 星雲星団 | Comments(16)

アンドロメダ銀河

すっかり夏本番となったものの、休日前夜の好天に恵まれず未だ高地への遠征が出来ていません。
ところでこの度、念願のフルサイズカメラへの移行に伴い、ちょっとした晴れ間を利用して近場で試写をしています。
光害の影響を避けるために南中前後の天体を対象としていますが、こうして一夜に2~3領域をじっくり狙う方が、仕上がりも上手くいくようです。
というわけでして、新システムでの第一弾は、やはり銀河の王様アンドロメダになりました☆
e0344621_14312099.jpg

(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて4min X10枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-08-10 14:33 | 星雲星団 | Comments(10)

らせん状星雲(NGC7293)

以前から一度撮ってみたかった、みずがめ座のらせん状星雲(NGC7293)。
いつもの安倍川河川敷からは静岡市街の光に埋もれてしまうため撮影は不可能かと思っていましたが、ダメ元でレンズを向けてみますと、これが意外にはっきり写るのにはビックリです!
丁度こと座のリング星雲を大きくしたイメージですが、次回遠征を予定している標高の高い観測地ではどのように写るのか、今から楽しみにしているところです♪
e0344621_051034.jpg

(EOS60Da  Apo-Sonnar T* 135mm F2→4 ISO1600 ステライメージ7にて1min X8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-08-06 00:51 | 星雲星団 | Comments(8)