2016年 11月 26日 ( 1 )

きりん座の IC342

前回の新月期に本川根町での素晴らしい星空を体験して以来、光害で明るい空に敢えてレンズを向けることの時間と労力の無駄を実感しました。
それ故、ホームグラウンドである安倍川河川敷では、もっぱら空の暗い北~北西~天頂の対象に限って撮影することにしました。
とは言え相手は無限の大宇宙です☆
星域をかなり限定したところで、被写体に困ることは何もありません。
それどころか一夜で1~2ショットに限った方が、撮影の集中力も維持出来るように思えてきたのです。
というわけで、新しい撮影スタイルを昨夜試してみました。
①撮影対象を一つに絞り(今回は敢えて難敵、きりん座のIC342です!)
②撮影中のピント&極軸のチェックを数ショット毎に施行し、
③目標は最低1時間の露出です。

その結果ですが、一コマ4分×22枚露出して(強風の影響もあり4枚はボツでしたが)ガイド成功率は300mmで、8割以上でした。
さらに露出時間も(今までの最高だった48分を大幅に上回る)72分と初の一時間超えガイドに成功です^^

e0344621_4394175.jpg

(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて4min×18枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

ところできりん座IC342は(マゼラン雲などの不規則銀河を除けば)M31とM33に続く見かけの大きさを持つ銀河でありながら、いわゆるフェイスオン銀河であることと、我々の銀河赤道付近に位置するためその塵の隠蔽により、観測が困難と報告されています。
しかし銀河系の星々が重なり、とても賑やかな雰囲気を醸し出しているところが、かえって新鮮で気に入っています♪

この300mm望遠でのお気軽撮影ですが、極軸がしっかり合えば最大5分以上のノータッチガイドが可能な気がしてきました!
引き続き、トライしてみようと思います♪

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-11-26 23:14 | 星雲星団 | Comments(10)