2016年 11月 23日 ( 1 )

M891とAbell 347

昨夜は星仲間の方からのお誘いで、いつもの近場へ観望プチ遠征をしました。
現地に着きますと時々雲が通過する空模様で、透明度も(私の感覚では)7/10とあまり良くなかったのですが、それでも口径12cmの屈折望遠鏡で見る二重星団の美しさとその迫力に、感激でした☆
ところでこのまま望遠鏡での星空散策&談議をして終わろうかと思っていたところ、突然全天が晴れ上がりました。
そこでせっかくなので、一対象30分露出で撮ってみたのが今回のM891です↓

e0344621_17514421.jpg


アンドロメダ座にあるエッジオン銀河で見事な暗黒帯もあり、その均整の取れた美しさが気に入っています♪
ただこの星域には、銀河の王様M31とM33があるため、その陰に隠れてあまり目立たないのが気の毒な感じです。
さてこの美しいM891を撮ってみたかったのにはもう一つの理由がありまして、それは画面中央の輝星を対称に左下側に拡がるAbell 347と呼ばれる銀河団が、300mmレンズでどこまで写るか試してみたかったのです。
Abell 347は30個ほどの銀河を含み,「ペルセウス-うお超銀河団」を構成する主要な銀河団のひとつと言われています。
我々から2億5000万光年も離れているため、 平均光度も13~15等級といずれもかすかな銀河が多いものの、空気の澄んだ晩秋~冬に南中するため、手軽に撮影出来る深宇宙天体のひとつと言えます↓

e0344621_17521115.jpg


ここで星図を頼りに主な銀河を同定してみましたが、この辺りのちょっとぼや~としたシミは皆銀河のようです^^
キリがないのでこのあたりにしておきますが、真ん中の輝星の下に恒星と並んだコマ収差のようなシミも、実はPGC9108という銀河でした!
ところでこのPGCはPrincipal Galaxies Catalogueの頭文字でして、1989年に発刊された総数13万にも及ぶ膨大なカタログだそうです。
その特徴は、従来から使われている他のカタログ番号も含めて網羅した点です。
例えばアンドロメダ銀河の伴銀河であるM(メシエ)32=NGC221=PGC2555のように対応しているわけですが、この分類作業も大変だったでしょうね。
というわけで、当夜は急いで撮影したためガイドの微妙なブレがあるのが残念ですが、それでも小さな300mmレンズで、大宇宙の奥深い光をとらえることが出来て嬉しかったです☆
(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO3200 ステライメージ7にて3min×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-11-23 17:55 | 星雲星団 | Comments(10)