2016年 08月 19日 ( 1 )

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF EDによる IC1396 とレビュー

「IC1396」は、はくちょう座から連なる秋の天の川の中、ケフェウス座の南方向に位置する大きな散光星雲です。
今回は32分の露出で、星雲内部の複雑な暗黒星雲の分布もわかるようになりました☆
ところでこのレンズを天体撮影に使い出して約1年余りになるので、ここで簡単にレビューしてみたいと思います!

<良い点>
1)軽量コンパクトで、スカイメモに搭載しても3~4分のノータッチガイドが可能!
2)解像度が高いこと。
とにかく300mm望遠レンズで手軽に天体の追尾が出来るので、撮影のバリエーションが拡がりました^^

<気になる点>
1)輝星がややいびつで、肥大した星像になること。
2)その際に画面にフレアが発生しやすいこと。
今回の画像でも星雲の右上に位置する「ガーネット・スター」や画面左上の輝星にその傾向が見られますが、そもそもこれらは位相フレネルレンズの特徴なのですよね♪
さらにこれらの現象は輝星が写野に入る天体撮影において気になるのであって、鳥撮影などの一般撮影では何ら問題のない、そして極めてコントラストの高い画像を得ることが出来ることを、追記したいと思います!
e0344621_19144717.jpg

(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて4min ×8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-08-19 19:21 | 星雲星団 | Comments(8)