プレアデスで光芒の検証

そのコンパクトさから、スカイメモとの相性抜群のAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED。
ただ以前にもレビューした通り、輝星に大きな光芒が出てしまう欠点があるので、憧れのオリオンの三つ星や白鳥のサドル(ともに二等星)付近の撮影に使えないという、歯がゆい思いがあります。
そこで今回は、何等星だったら光芒が目立たなくなるのか、スバルで検証です☆

e0344621_1230630.jpg


      結果です↓
e0344621_12303915.jpg


アルキオネ(2.87等級)→光芒(++)
アトラス(3.63等級)→光芒(+)
エレクトラ(3.70等級)→光芒(±)
メローペ(4.18等級)→光芒(-)
となりまして、アルキオネでは丸い光芒がまるで分子雲のようですが、3等星以下ならあまり気にならないことが分かりました。
それに絞り羽根による18本の光条が美しく、このような華やかなシーンではかえって幻想的になりますので、これもありかな!と思います。
というわけでして、スバルはこのレンズの対象になりそうです☆
次回の川根本町遠征では是非、挑戦してみたいと思います♪

(D810A  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→4.5 ISO1600 ステライメージ7にて4min ×4枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-12-07 12:34 | 星雲星団 | Comments(6)

Commented by Angelheart at 2016-12-07 13:56 x
前々から、この「キラキラ星仕様」を何と表現していいかわからず悩んでいたのですが(笑)
今回の説明で「絞り羽根による18本の光条」という端的な表現を知ることができて大満足♪
なるほど~(≧∇≦) 
ちょっと大きな夜空の宝石(星)は、この効果によってより華やかな印象になりますよね☆彡

Commented by dr_piano at 2016-12-07 14:42
☆Angelheartさん、こんにちは!
早速のコメント、ありがとうございます!
この光条、オリオン大星雲でも派手に出ていましたので、ご存知でしたよね^^
星撮影の際のちょっとしたアクセントになりそうなので、これからもこのレンズ、使っていきたいと思います♪
そしていよいよ、冬の澄み切った大気になってきました☆
今後の新観測地での撮影が楽しみです♪
Commented by 夕焼け熊五郎 at 2016-12-07 16:01 x
Toshiさんこんにちは
ただ撮るだけで気にしてませんが光条とか良くみてらっしゃるのですね、少し勉強します。
先日の遠征ですばる撮りましたが180mmでエクステンダーX2付けたら物凄くぼやけてました矢張り駄目ですね。
Commented by dr_piano at 2016-12-08 09:08
☆夕焼け熊五郎さん、おはようございます!
光条はたまたま数えてみたのですが、絞り羽根(9枚)の整数倍になるらしいですね。
それとエクステンダーですが、私も以前テレコンをつけて撮りましたら、色収差が酷くて全くダメでした。
そこで比較してみましたら、普通に撮ってトリミングの方が、色のバランス&解像度ともに良好でした。
あとはピントの追い込みも大切だと思います♪
いよいよ冬本番ですね。
寒さ対策を十分になされて、お出かけ下さい^^
Commented by 星船 at 2016-12-08 23:29 x
Toshiさんこんばんは。
なるほど18本の光条によってかえって星が綺麗に写っていますね。
輝星の光芒も澄んだ透明度が高い空だと目立たないのかもしれません。先週はちょっと湿気が多かったかもしれませんので乾いた空だとまた違うかもしれませんね。
Commented by dr_piano at 2016-12-09 07:48
☆星船さん、おはようございます!
ご指摘のように湿度によっても、光芒は影響を受けますよね。
なので次回からのカラカラの季節に、光芒が軽減されないか期待しているところです♪
ところでその後、厳冬期用の観測地探しをしています。
まずは藁科川上流の日向地区方面ですが、残念ながら全天を見渡せるような候補地はありませんでした。
しかしながら、南天~天頂方向の暗いスポットで試し撮りをしたところ、良い感触を得ております→次回レポートします☆
あとは梅ヶ島方面を、もう一度じっくり検証して見ますね^^
それでは次回の遠征を楽しみにしております!