M106付近

春の系外星雲シリーズ。
今回は、りょうけん座のM106です。
2,300万光年という彼方にあるこの銀河ですが、実視等級は8.3等と明るく、同星座にある「子持ち銀河」M51とともに、よく見える渦巻き銀河です。
またこのあたりは銀河団を形成していますので、画面のいろいろなところに系外銀河が写っていて、賑やかな感じです↓
e0344621_8303020.jpg


そこでいつものように、M106から右方にある銀河をカタログで同定していきますと・・。↓
e0344621_831857.jpg

まず目につくのが画面右のエッジオン銀河NGC4217で、その距離は4,800万光年です。
見事な暗黒帯が認められ、長焦点ならこの銀河一つでも撮影の対象になる程の美しさです。
続いてM106のすぐ右上に位置する不規則銀河がNGC4248で、距離は2500万光年ですから、おそらくM106の随伴銀河と考えられます。
そしてさらに右上に移りますと、小さな2つの点状星雲が確認出来ますが、これらがNGC4231&4232で実視等級は13等台。
距離は何と3億光年を超えます☆
つまりM106のさらに15倍ほど後方からの光をとらえているわけでして、宇宙の奥行と途方もないタイムスケールの大きさに、いつもながら圧倒させられます!!
(参考文献:Gábor Tóth Astrophotography)
(EOS60Da  AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→5 ISO1600 ステライメージ7にて1min X8枚コンポジット&編集 スカイメモRにてノータッチガイド トリミングあり)



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-02-21 08:32 | 星雲星団 | Comments(8)

Commented by 夕焼け熊五郎 at 2016-02-21 10:21 x
Toshiさん おはようございます。
春の系外星雲シリーズ楽しく勉強させて頂いてます。この時期ほんとに沢山の銀河見れますよね、狙いたいけど私のレンズでは無理です、また病気出そう、誰かさんの居ない内に宅配来るように段取りしなければ(笑
Commented by dr_piano at 2016-02-21 17:26
☆夕焼け熊五郎さん、こんばんは!
いつもご覧頂きまして、嬉しいです^^
この300mmは軽量&小型なので、スカイメモとの相性もばっちりで、お勧めです。
そして次の新月期は、いよいよ夏の天の川になりますね☆
それまでは、冬の星雲と系外星雲シリーズでつないでいく予定です♪
今後も宜しくお願い致します。
Commented by alpaprisma at 2016-02-21 18:32
人類が出現するずっと前の光を見ているんですから不思議ですよね〜
Commented by Angelheart at 2016-02-21 22:00 x
平面でありながら、奥行きと宇宙の神秘も感じられて 
見つめていると思わず吸い込まれてしまいそうです。
Commented by dr_piano at 2016-02-22 06:56
☆alpaprismaさん、おはようございます!
ご指摘のように、このタイムスケールの大きさは、我々の通常の感覚を超えたところにあります♪
そして宇宙の存在自体、謎ですものね!
Commented by dr_piano at 2016-02-22 07:01
☆Angelheartさん、おはようございます!
本当にそうですよね。
宇宙の広がりって、我々の想像の域を超えたレベルですよね^^
ちなみにこのM106には、(光までも吸い込むと言う)巨大ブラックホールが存在することが、確認されています♪
Commented by yotoumushi555 at 2016-02-22 18:54
こんばんはToshiさん
ニコンの300ミリは某社に比べとても優秀なレンズと聞いていますが、作例を見てもっともと思いました。銀河の細かいところまでよく写っています。
ところで、リンクいただきますね。
では、またです!
Commented by dr_piano at 2016-02-23 06:55
☆yotoumushiさん、おはようございます!
コメントありがとうございます。
ご指摘のようにこのレンズですが、小型軽量のうえ中心像はかなり鋭いものがありまして、スカイメモとの相性もバッチリです。
やや周辺減光はありますが、トリミング前提の系外星雲になら特に問題なく使えています♪
それと、私もリンクさせて頂きました^^
これからも、宜しくお願い致します。