燃える木星雲と馬頭星雲

この連休は、やっとのことで新月期の好天に巡り合えました。
そこで今が旬の冬の星雲星団をいろいろ撮りましたので、処理が終わった順にUPしていきたいと思います。
その第一弾は、オリオン座の「燃える木星雲」(輝星のすぐ左下)と「馬頭星雲」(画面中央やや右下の黒いシルエット)です。
ところでこの「燃える木星雲」(NGC2024)って、これ単独でも十分に撮影の対象となる、迫力のある天体だと思います。
それが有名な「馬頭星雲」と並んでいるわけですから、この構図、天空での最も豪華で美しい組み合わせの一つと言えましょう☆
(EOS60Da PROMINAR 500mm F5.6 + TX07補正レンズ使用にて、f=350mm、F4 ISO 1600 1min X16枚コンポジット スカイメモRによるノータッチガイド トリミングあり)
e0344621_2122361.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中です。
クリック宜しくお願いします!
[PR]

by dr_piano | 2016-01-13 21:21 | 星雲星団 | Comments(6)

Commented by alpaprisma at 2016-01-13 21:35
ギンギラですね〜
これがノータッチガイドですから時代も変わりましたね〜
Commented by dr_piano at 2016-01-13 22:17
☆alpaprismaさん、こんばんは!
早速のコメント、ありがとうございます。
この構図ですが、以前は輝星(アルニタク)のゴーストに悩まされていました。
でもプロミナー使用で、それが解消されて良かったです!(^^)!
そしてノータッチガイドに関しては、天体の位置にもよりますが、現システムでは、1minが限界のようです。
頑丈な架台に乗せてたっぷり露出をかけたいところですが、そうなりますと今までのようなお気軽遠征ではなくなるかも・・。
いろいろ考え中です。
Commented by Angelheart at 2016-01-14 06:26 x
燃える木星雲って言うんですか。これはまたすごいですね!
まるで影絵のよう^^
黒い幹が両手(枝)を広げてメラメラと燃えている様子は圧巻ですね!
馬頭星雲と燃える木との間に光る星がハートの形をしていて
とってもロマンティックです♡
Commented by 夕焼け熊五郎 at 2016-01-14 07:28 x
始めまして夕焼け熊五郎と申します、何時も拝見してます。
燃える木星雲と馬頭星雲綺麗に撮られましたね。
私もスカイメモR使って撮影してます。極軸の年数、過ぎているので自分なりにこの辺りかなと調整してます、最高7分で撮った事があります普段は3~4分で20枚前後撮ります。三脚は純正低いので同じお仲間からタカハシの木製三脚頂きましたピッタリ合いました。また綺麗な画像楽しませて頂きます。
Commented by dr_piano at 2016-01-14 12:31
☆Angelheartさん、こんにちは。
燃え木というネーミングが、凄いですよね!
まさに大宇宙のエネルギーを感じます。
それとこのハートマークですが・・。
いつもモヤ~っと写るので何か変だなあ?と思っていましたら、実はこれもNGC2023(燃える木と一番違い!)という番号のついた星雲だったのです。
新しく誕生した星の光を反射または散乱して輝く散光星雲で、反射星雲と呼ばれるのだそうです^^

Commented by dr_piano at 2016-01-14 12:32
☆夕焼け熊五郎さん、こんにちは!
初めまして!
いつもご訪問頂きまして、ありがとうございます。
そして、スカイメモRを使用している方にお会いできて、とても嬉しいです^^
タカハシの三脚だと安定性も違うのでしょうか?
普段撮りで3~4分、最高7分は凄い精度だと思います。
私も3分x16枚以上を目指して、頑張りたいと思います!
これからもいろいろと教えて下さい。
宜しくお願い致します。